定番ラインリニューアル後、初のフルカウントの大戦モデル。2019年限定版【1100-19 WW2 Model】がリリース開始(Fullcount)

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

「フルカウント」は、今となっては当たり前のように語られる、いわゆる「大戦モデル」のレプリカモデルの元祖と言われています。

モデルとされるリーバイスの大戦モデルには、その物資統制の時代の影響を受けて、様々な採用パーツや縫製バリエーションが存在するのは既知の通り。

それゆえか、フルカウントは大戦モデルを定番とすることなく、毎年仕様を変えた大戦モデルを、何かしらの形で限定数でリリースする形をとってきました。

フルカウントファンとしては、コレクション意欲をそそる展開。

そんなフルカウントの大戦モデルの、2019年版が先日リリース。

フルカウントの定番モデルが完全リニューアルされて初めての大戦モデル。

フルカウント限定ムラ糸デニム「1108 ROUGH」

フルカウント、定番ジーンズから赤タブ&飾りステッチを廃止するようです(FULLCOUNT)

2018-10-15

今年のモデルの仕様は如何に?

本日はその詳細をカタログスペックで見ていきましょう。

フルカウント 大戦モデル2019 限定【1100-19 WW2 Model】

概要

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/item/1100_19.html)

こちらが2019年版の大戦モデルとしてリリースされる一着。

デニム生地はフルカウントのド定番の13.7oz ジンバブエコットン 。

シルエットは、こちらもド定番の[1108]。

この品番はフルカウントでも人気の高い、やや細身のストレートになります。つまり、大戦の完全なレプリカではなく、大戦のディテールを持った実用性の高いシルエットの一本というわけです。

とはいえ、このあたりは賛否両論あるでしょうね。細身の大戦か…と。

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/item/1100_19.html)バックスタイル。

通常の大戦モデルよりも、スマートに見えますね。

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/item/1100_19.html)

パッチにはWWⅡのスタンプ入り。

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/item/1100_19.html)

今回のモデルの特徴の一つ。

スレーキにはボディと違うライトオンスのデニムが採用されており、こちらの経年変化も楽しめる、ということです。

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/item/1100_19.html)

コインポケットはリベット無し。

リベットは焼き加工が入っているそうで、鈍いブロンズカラーになっています。

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/item/1100_19.html)

ベルトループは極太で、スレーキと同じライトオンスデニムを使用。

トップボタンはマットな塗装のドーナツボタン。

小ボタンは黒ラッカーのドーナツボタンを採用。

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/item/1100_19.html)

バックポケットの形状は比較的ベーシックなもの。

また、例年のバックポケットはフルカウント・アーキュエイトがペンキでペイントされていましたが、今年は無し

今年からフルカウントの定番モデルからステッチと赤タブ(ピスネーム)を排除したことと関連していると思いますが、この大戦モデルでもペイントも、そして赤タブも無くなっています。

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/item/1100_19.html)

その代わり、今回はフルカウント・アーキュエイトがDIYでペイントできるキットが付属。

ステンシルの台紙とオレンジのアクリル絵具(ペンキじゃないんだ!?)で自分でやるようです。

たのしそう。

…だけど、ペイントに失敗した時のダメージはデカい。誰も修正もフォローもしてくれないですから…

ズレないように、しっかり台紙をポケットに固定してからステンシルするように!

【まとめ】コレクターは見逃せない一本

冒頭の通り、フルカウントは毎年1アイテムは趣向を凝らした大戦モデルをリリースしています。それ故に「今年はどんなモデルか?」と、私も毎年その内容を楽しみにしてきました。

今年の一本はシルエットを売れ筋の若干細身の[1108]ベースにしていることもあり、これまでの骨太な大戦モデルとは路線が若干変わった印象。

これまでのレプリカディテール重視ではなく、

それを超えるオリジナルのジーンズを作るという意思表明をした辻田氏率いる2019年のフルカウントらしい一本だと言い換えることが出来ます。

今回は限定数500本。

毎年完売するシリーズですので、お気になる方はお早めに。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。