VINTAGE MINT CASEの追加デザイン&イベント限定版(ヴィンテージ ミントケース)

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

先日お伝えした通り、フリスクケースとしてオリジナルで製作したVINTAGE MINT CASE(ヴィンテージミントケース)、このほど再販いたします。

VINTAGE MINT CASEをアップグレードし、再リリース決定!(ヴィンテージ ミントケース)

2019-10-18

で、これまでは2種類(+ノベルティ版1種類)の展開でしたが、今回新たに2デザインを追加します。

ということで、これまでのラインナップの振り返りと、今回作った2デザインをご覧いただければと思います。

新 Vintage Mint Case(ヴィンテージ ミントケース)

ラインナップについて

ラインナップは、現行(といいましても、すでに完売)が2種あります。

【Lot:VMC-001】

VINTAGE MINT CASE for フリスク

私が所有しているお気に入りのベトナムZIPPOをベースに、アイイロデニムワークスのロゴを組み合わせたもの。

ぎっしりと刻印を詰め込めんだ、情報量の多いデザインに仕立てています。

【Lot:VMC-002】

VINTAGE MINT CASE

こちらは、ベトナムZIPPOとしては有名すぎる、子供の手を引く米兵のデザインがモチーフに。

ベトナム戦争の悲哀が表現されており、ベトナムZIPPOの中で私が一番好きなデザインです。

これらも新しい刻印方法を導入して、今回再販します。

それに加え、新たに2デザインのVINTAGE MINT CASEをリリースするべく現在、準備中です。

新デザイン①

こちらは[VMC-002]とカテゴリー的には同じデザインになりますが、やはりベトナムZIPPOとしては有名な「兵士とギター」刻印をリリースします。

私が欲しかったから作るんですが、これ、リリースしたら人気出るだろうなぁ。。。

新デザイン②

こちらは、少々ミリタリー色を打ち出したデザイン。

これも、私が欲しいから作ったラインナップ。

ベトナム・サイゴンにて任務に就いていた、第5特殊任務部隊のエンブレムが刻まれたベトナムZIPPOのモチーフです。

MA-1や、N3-Bのポケットからこいつを取り出す姿を想像すると、しびれます。

これに加え、11月3日のLocal Garage Cultureで、限定デザインをリリースします。

それがこちら。

Local Garage Culture 限定版

今年が、このLocal Garage Cultureのラストの開催になるそうです。

その最後に少しでも華を添えられればと思い、会場限定版をご用意いたします。

こちらはイベント限定ではありますが、アリガチな「イベントロゴをドーン」だけはやりたくなくて、しっかり作り込みしました。

ぱっと見はベトナムの地図か?… と思わせて、実は今回のイベントが開催される滋賀県・八日市の位置にスターを配置した本作。

文章のフォントは3つのベトナムZIPPOからトレースし、文字を抜き出し、それらを組み合わせて文章デザイン化したもの。

ぱっと見はただの雑な文字デザインのように見えますが、私の“こじらせた”コダワリが凝縮されたものになっています。

数に限りがありますが、「伝説のイベントの最後の思い出」として手にしていただければ幸いです。

【まとめ】オンラインストアでのリリースは11月中旬

vintage mint case

というわけで、新しいVINTAGE MINT CASEのデザインのお話でした。

LOCAL GARAGE CULTUREのイベントでは朝から全種、ブースに並べますので、ぜひ手にとってみてください。

そして、オンラインストアでの販売は11月中旬を予定しています。

前回同様、一度売り切れると、次の生産まで果てしなくお時間を頂く(今回も1年以上ぶり…)なので、ご興味がある方はお見逃しなく。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。