バンコクでデニムイベント『LEVI’S 501 TAILOR TRUCK』(リーバイス)

LEVI'S 501 TAILOR TRUCK
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

バンコクの高級ショッピングモール「エムクオーティエ(Emquartier)」にある美しい中庭イベントスペースにて、リーバイスのイベントがあるということで、行ってみました。

LEVI’S 501 TAILOR TRUCK @ バンコク

オレンジタブをフィーチャーしたリーバイスのポップアップSHOP

LEVI'S 501 TAILOR TRUCK

イベントの概要を知らずに当日足を運んだのですが、規模はあれれ?って思うほど小規模。

イベントというよりも「ポップアップショップ」ですね。

外に商品を並べていて、なんというか、フリマ的な匂いがする。

陳列はほとんどオレンジタブライン。

そう、このイベント、オレンジタブ推しのイベントだったんです。

行って初めて気がついた。

これ、なんていうんですか? キャンピングカーのような感じ。

最近、バンコクではこれを使ったイベントが流行ってるのか、ちょくちょく他でも見かけます。

ここでもリーバイスが今年からリマスターしているオレンジタブがその陳列のメイン。

LVCラインのオレンジタブも売ってましたよ。

ちなみに全商品20%オフ。

まだこのオレンジタブのリマスターは新作で出たばっかりなのに。。。

以前のブログで書いた通りになっちゃったね。。。

オレンジタブ=60〜70年代ってことで、そのテイストあるカスタムがされたモデルも陳列されてました。

そう、「TAILOR TRUCK」という名の通り、『テイラー(仕立て)』がこのイベントのもう一つの特徴でして、

買ってその場でペイントしてカスタムしたり、ワッペンをその場で縫い付けてもらえたりするのです。

これは見本。

現行のトラッカージャケットにもカスタムしてくれるそうな。

オネエさんが頑張って縫い付けてます。

ちなみに写真の白いのは、、、

リーバイスの帆布のトートバッグ。

このイベントで何かしらの購入者全員に無料でプレゼントされるバッグ。

そちらにもカスタムしてもらえるようでした。これはいいね。

緑が多くて綺麗な場所で開催してますが、

展示物は少なく、地べたにクッションが置いてあって、そこでゴロゴロしている人がいたり、

とにかく「ゆる〜い」雰囲気のイベント。

休日にも関わらず、この催事には人はまばら・・・。

買い物途中の奥様がフラッと立ち寄る姿も多く見られ、

よく言えば70年代っぽい「ピース」な雰囲気のイベントでした。

 

ジャパンデニムが流行っているタイですが、

デニムだったらなんでもいいか、っていうと、そうじゃないってことですね。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
LEVI'S 501 TAILOR TRUCK

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。