【タイのPRONTO DENIM限定】桃太郎ジーンズは珍しい16ozのスラブデニム仕様。

PRONTO DENIM限定 桃太郎ジーンズ
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

タイのアメカジ店=「PRONTO DENIM」が積極的に別注している、桃太郎ジーンズ。

その新作が発表されましたので、ご紹介。

今まで、PRONTO DENIMの別注といえば、細身&ヘビーオンスが多かったのですけど、

今回も基本はそれを踏襲しつつ、桃太郎ジーンズでは珍しい「スラブデニム」を使用しているんです。

 

〜スラブデニムとは?〜

極端に太さが異なる部分を不規則な間隔で撚った糸を使って織ったデニムこと。

要は、目視できるレベルで極端に「ザラザラ・ボコボコ」した生地になり、経年変化・色落ちも独特な、激しい縦落ちとなる。

PRONTO DENIM別注 桃太郎ジーンズ【PR 0605 – 16SP】

別注モデル外観

PRONTO DENIM限定 桃太郎ジーンズ

写真でも「うっすら」と格子状の模様が見えてるデニム生地、これがスラブデニム。

使われているのは16oz。

桃太郎ジーンズがスラブデニムを使ったことって、あるのでしょうか??

ディテール自体は桃太郎ジーンズの「出陣レーベル」がモデルになっているようですが、

かなりテーパードが聞いたシルエットです。

PRONTO DENIM限定 桃太郎ジーンズ

バックポケットには、出陣ライン。

ぱっと見は、普通の桃太郎ジーンズかな?って思うでしょうね。

PRONTO DENIM限定 桃太郎ジーンズ

革パッチは前回のPRONTO DENIM別注の桃太郎ジーンズ【PR-0306】と同一のようです。

桃太郎ジーンズのファンからすれば、

「何?そのモデル?」ってなる、そんなツウ好みモデルでしょう。

PRONTO DENIM限定 桃太郎ジーンズ

珍しい生地のため、細部の雰囲気もだいぶ変わって見えます。

経年変化後の姿が楽しみです。

総評

この別注の特徴は、「デニム生地」です。

スラブデニムは見た目も特徴的ですし、独特な色落ちも楽しめます。

すでに桃太郎ジーンズを持っている方が、バリエーションの一つとして所有しておくと、

経年変化も比較できて楽しめるでしょうね。

傑作シャツの別注アレンジ PR 05-128SP

PRONTO DENIM限定 桃太郎ジーンズ

今回、ジーンズだけではなく、シャツの別注も発表されてます。

昨今の桃太郎ジーンズのトップスの中でも傑作の一つ、

ミリタリー要素を盛り込んだ【05-128】をベースにしつつ、

別注仕様のプリントが入ったモデルです。

PRONTO DENIM限定 桃太郎ジーンズ PRONTO DENIM限定 桃太郎ジーンズ

これ、めっちゃかっこいい。

プリントがカスれる経年変化後、このシャツの本領発揮でしょう。

今回、私の購入候補です。

尚、今回の別注シリーズは、

PRONTO DENIMの中でも限られた店舗のみの展開なので、数が少なそうでした。

過去のPRONTO DENIM 別注 桃太郎ジーンズ

微小なアレンジ。PRONTO DENIM別注の桃太郎ジーンズ【PR-0306】

なかなかの破壊力!桃太郎ジーンズの『PRONTO DENIM CARNIVAL 2017』限定品がヤバい件。

桃太郎ジーンズ 海外(タイ)限定モデル「ブラックジーンズ&Tシャツ」

別注また出た。桃太郎 + Japan Blue Jeans + Pronto Denim

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
PRONTO DENIM限定 桃太郎ジーンズ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。