ロレックス【ROLEX】シードゥエラー

ROLEX シードゥエラー
スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

今日から仕事と、実家の用事で1週間ほど日本に戻っております。

さて、今日は時計の話題を。

最近、めっきり機械式時計をしなくなりました。

仕事柄、国をまたぐ移動が多いのですが、その都度、時差の調整をするのに機械式時計は不便でして。

・移動後、リューズを回す、引っ張る、くるくる回して針を調整する。

・帰国後、それをもう一回行う。

面倒ですし、何よりデリケートな機構の部分が早く壊れそうで心配…

飛行機に乗ってあちこち行く人にとっては、

G-SHOCKのGPSハイブリッド電波ソーラーモデルが、今の時計界の最強戦士だと思います。

狂わない、止まらない、頑丈。

「どのような状況でも正しい時刻を知る」道具として弱点無いですからねぇ。

でも、身につけて「満足度が高い」「モチベーションが高まる」「カッコイイ」時計って言ったら、

アメカジラバーにとっては【ロレックス(ROLEX)】で間違いないでしょう!

一度廃盤になったロレックス シードゥエラー

ロレックス シードゥエラー

こいつが私のお気に入り。 ロレックスのシードゥエラー。

サブマリーナに外見にてますが、それよりもちょっと小ぶりで、ケースに厚みがあり、そして重い。

何度見ても、カッコエエワ・・・。

このシードゥエラーは2008年あたりに一度、廃盤になっています。

その後、後継機(アップデートモデル)の「ディープシー」が誕生するわけですが、

「廃盤になる。。。」これが私が購入の決め手となりました。

これまでのロレックスの歴史上、廃盤モデルって希少価値がついて必ず値段が上がって来たので、その前に買おうってことで。

しかしその後、2014年だったか、シードゥエラー4000という名前にて、すぐに復活するという(爆)

一流ブランドさんのやることは良くわかりませんが、短期間に復活させるってことは、良いモデルだったと言うことでしょう。

ただ、当時の購入金額は50万円くらい、香港ROLEXで購入しましたが、今はシードゥエラー4000は価格.comをみても80万円以上の値段になっているようです。

ロレックスは他にもかっこいいモデルが沢山あり、物欲を大きく刺激されますけど、

値段が値段ですので、そう簡単にホイホイ買えません。

「今度は自分の誕生年のGMTマスターが欲しい!」

それをモチベーションにお仕事頑張ります。

でも、最新のデイトナ(116500LN)もカッコ良いよ。

止まらない物欲・・・。

本日もご一読、ありがうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ROLEX シードゥエラー

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。