【ATELIER & REPAIRS】が魅せる「ジーンズ・リメイク」の新たな可能性。リメイクは“アート”となるか?

アトリエ&リペアーズ(ATELIER & REPAIRS)
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

本日は、ジーンズの「リメイク」に関してのお話です。

皆さんは、ジーンズを「リメイク」したことは、ありますか?

ジーンズのリメイク

ジーンズの「リメイク」と、補修・お直しの「リペア」とは似ているようで違います。

原作を修理し、原作に近い形・状態に戻す作業は「リペア」

そして原作が同じでも「別の作品」として作り変える作業は「リメイク」です

「リメイク」は、“作品”を作る作業=アートワークな訳ですから、本来は「これまでどのような作品を作ってきた、どのアーティストが作品を手がけたのか」が、そのアートの評価を少なからず左右する要素だったりします。

ピカソ

ピカソがこのような絵を描くから価値があるのであって、同じ絵を小学生が描いても価値が無いのと一緒で。

よって、「だれだれ作のリメイクジーンズ」と言うブランディングがあってしかるべきなのですが、今の所「リメイクのアーティスト」という存在が世にクローズアップされる気配はありません。

おそらく、消費者側もリメイクとリペアの境目が曖昧ですし、そもそも名だたるジーンズブランドですら、リメイクは古着加工の延長程度の認識でしょう。

彼らが加工モデルにワッペン貼っただけで「リメイク風」などと説明して売っちゃったりするものですから、消費者の間に「ワッペン貼るのもリメイク=簡単なお直しレベルの作業」というイメージになっている人も少なくありません。

残念なことに、人気のリメイク作品があれば、模倣した商品が各社から出てくるのは日常茶飯事、リメイクのデザインに対する意匠やそれを作るアーティストに対するリスペクトなんて無く…。

「リメイク」をアート作品と見なすカルチャーがアパレルでは成熟しておらず、結果「リメイクアーティスト」が世間で認められる環境にはまだなっていません。

これじゃぁ、リメイクだけで食べていくのは、本当に難しいことでしょう。

そんな中、海外でリメイクの面白いアプローチを見せているブランドがあります。

本日は、そんなお話。

ATELIER & REPAIRS

概要

Atelier & Repairs

出典:Atelier & Repairs(https://atelierandrepairs.com/)

リメイクに関して、新しい展開をしているのが、今日ご紹介するロサンゼルス発の「ATELIER & REPAIRS」。

35年間、数々の有名アパレルブランドのマネジメントに関わり、生地(テキスタイル)に関しても膨大な知識を有するモリッチオ・ドナーディ(MAURIZIO DONADI)氏が2015年に立ち上げた、比較的新しいブランドです。

世の中の古着やデッドストックをモリッチオ氏のフィルターを通してリペア・カスタマイズされたアイテム群はどれも1点物。

アトリエ&リペアーズ(ATELIER & REPAIRS)

出典:Atelier & Repairs(https://atelierandrepairs.com/)

ベースとして使用する素材はヴィンテージから最近のものまで多岐に渡り、昔ながらの
技術&最新の縫製テクニックをミックスし、オリジナリティのあるアイテムを作り上げています。

と、ここまでは、良くありがちなブランドストーリー。

では、この【Atelier & Repairs】のどこに、リメイクの新しい可能性を見出しているのか?

それは、「リメイク」のコンセプトそのものを作品として「群」で発表すると言う手法についてです。

 

View this post on Instagram

 

A study on white and blue at @thepiececollective. | Find us there this summer. #wastelessreimaginemore #blueandwhite #thepiececollective #summerpopup

Atelier & Repairsさん(@atelierandrepairs)がシェアした投稿 –

これらは全て紛れもない「一点物」ですが、その単品ではなく、その作品を構築した「リメイクのコンセプト」をこのような形で打ち出し、ブランドのリメイクのデザインを発表しています。

リメイクのコンセプトを強く伝えるコレクション

アトリエ&リペアーズ(ATELIER & REPAIRS)

出典:Atelier & Repairs(https://atelierandrepairs.com/)

このモリッチオ氏の【Atelier & Repairs】のリメイクは、時期によってリメイクのコンセプトが変化していきます。

それはまるで、アパレルブランドのシーズン・コレクションを見ているかのように。

 

View this post on Instagram

 

Clashing every time we can. | Find us in NY! RG @theoryofgaia #wastelessreimaginemore #theoryofgaia #transformed

Atelier & Repairsさん(@atelierandrepairs)がシェアした投稿 –

中でも、使う生地のセレクトが毎回面白いのが特徴。

モリッチオ氏のインスピレーション次第で、リメイクのベースとするアイテムだったり、そのリメイクに使うツギハギなどのテキスタイル、そしてそれらの使い方(縫製方法)が変わります。

それを1点だけ作るのではなく、「群」で作りこんで発表し、世界の店頭で販売するのです。

 

View this post on Instagram

 

Traveling companions, featuring our Lennon Parka. Email us at shopla@atelierandrepairs.com to find yours. | 👉🏼 Untitled, 2013, by #JannisKounellis. Steel and coats.

Atelier & Repairsさん(@atelierandrepairs)がシェアした投稿 –

こう見せることで、このリメイク作品=【Atelier & Repairs】のデザインとして認識されるようになります。

基本は「一点物」のリメイクの世界において、こうやって「リメイクに使うベース」「使うテキスタイル」「手法」を軸に、アイテムを群で制作してシーズン毎に見せる「リメイク業者・ブランド」なんて、今までありませんでした。

 

View this post on Instagram

 

Utility trousers with technicolor fun strip. | Our Fun Strip Fatigues available on the site. (👉🏼 Sculpture by @helen__o__leary)

Atelier & Repairsさん(@atelierandrepairs)がシェアした投稿 –

実際に独特の生地使い、テキスタイルへの知識も含め、モリッチオ氏のリメイクデザイナーとしての個性が作品から強く見られます。

こういう展開をされると、【Atelier & Repairs】は、次にどんな新しいリメイクで来るのか?と言う楽しみが出てきます。

こういう感情は、他のリメイク屋さんを見ていては出てきません。

アトリエ&リペアーズ(ATELIER & REPAIRS)

出典:Barneys Newyork (https://www.barneys.co.jp/mens/designer-interview/interview-maurizio.html)

【Atelier & Repairs】のモリッチオ氏のリメイクの作品は「加工の延長」ではなく、デザイン=アートとして市場から受け取られ、バーニーズやアローズなど、名だたるセレクトショップでの取り扱いが始まっています。

つまり、彼らは「アーティスト」になった訳です。

彼らの展開は、リメイクの職人の新し世界を切り開く、今までに無い価値を持った一つの理想形かもしれません。

MAURIZIO DONADI氏は、あのお方。

アトリエ&リペアーズ(ATELIER & REPAIRS)

出典:Barneys Newyork (https://www.barneys.co.jp/mens/designer-interview/interview-maurizio.html)

この【Atelier & Repairs】の創業者のモリッチオ・ドナーディ(MAURIZIO DONADI)氏。

どこかで聞いたことがあるなぁ・・・と思ったら、リーバイスのLVCを担当してた人だ!

(詳細を書いた過去の記事はこちら→【Levi’s vintage clothing】

それまでの小手先のモノづくりではなく、ヴィンテージを理解し、ディテールを商品に再構築し、神がかったプロデュース能力でLVCを再建し、今の礎を築いた人です。

これを聞いて、納得。

コレクションの見せ方、コンセプトの作り方、伝え方。やっぱり「すごい人は、何やってもすごい」と思い知らされましたね。

そんなこともあって、これからもモリッチオ・ドナーディ(MAURIZIO DONADI)氏の【ATELIER & REPAIRS】は頭の片隅で覚えておきたいところ。

そして彼が、新しい【リメイク】の価値を創造していく姿に期待しましょう。

尚、日本ではUNITED ARROWSやジャーナルスタンダード、町田のアメカジの名店「COUNTRY」さんで購入可能のようです。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
アトリエ&リペアーズ(ATELIER & REPAIRS)

オリジナルジーンズ、Online Storeにて限定数量発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。