『ジョン万デニム』の全貌が明らかに。「ベルベルジン」監修・「ウエアハウス」製造の限定コラボ

ジョン万デニム
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

先日お伝えした、超限定のジョン万デニム。

ジョン万デニム

古着屋「ベルベルジン」監修・ウエアハウス製造の超限定数コラボ『ジョン万デニム』とは?(ジョン万次郎)

2018-03-10

告知されていた発売日が近づく中、ようやくオフィシャルサイトがオープンしました。

こちらがそのサイト。 → 【JOHN MUNG DENIM PROJECT】

この中で、実物写真が見れます。

ただし、スペックの詳細の説明はありません。

そこで、実際の写真から見て取れるスペックを想像も交えつつ解説してみたいと思います。

ジョン万デニム 詳細

外観

ジョン万デニム

出典:JOHN MUNG DENIM PROJECT(http://www.shimizu-kankou.com/johnmungdenim/)

こちらが今回の公式で発表されたジョン万デニム、全体の様子。

生地は12.5ozのオリジナルデニムなので比較的ライトオンスになり、1800年代のジーンズのスペックを踏襲しています。

シルエットは当初「現代的にテーパードを効かせた細身にアレンジ」と聞いていましたが、実際には気持ちテーパードという程度で、股上の深いクラシカルな雰囲気のパンツに仕上がった模様です。

サスペンダーボタン+シンチバックがディテールの特徴。

ディテール

ジョン万デニム

出典:JOHN MUNG DENIM PROJECT(http://www.shimizu-kankou.com/johnmungdenim/)

フロントの様子。

全体的に運針の細かいシングルステッチで縫製されている様です。ポケットのキワもシングルですし、クインチ(デニムの脇ステッチ)も長めに取られているのが面白いですね。

サスペンダーボタンならびに左腰に高めに設置されたコインポケット、そして股下の剥き出しリベットが1800年代のデニムの雰囲気を伝えています。

ベルトループは別のデニム生地が使われていますがこの1800年代にはベルトが普及していないことから、本来はベルトループ無しのスペックで企画しつつ、このベルトループが「後で取り付けられた」という世界観で採用しているものと思われます。

尚、帯部分にセルビッチの耳が使われているそうです。

ジョン万デニム

出典:JOHN MUNG DENIM PROJECT(http://www.shimizu-kankou.com/johnmungdenim/)

バックの様子。

ぱっと見は右側だけの片ポケットに見えますが、左側には隠し(?)ポケットがあり。

右側の片ポケットにはむき出しリベットが採用。

実は、よーく見て見ると・・・この右ポケットにはウエアハウスの「HELLER’S CAFE」でも採用されているアーキュエイトのあとがうっすらと見えます。

実際の商品に入るかは不明。以前もウエアハウスのカタログをよく見ると同様のこと(目をこらすとアーキュエイトが入ってるけど、実際の商品には入らなかった)があったので。

おそらくスペック表には入ってないので、実際の商品にも入らないと思われますが、どうでしょう。

また、腰のサイド部分によく見るとタックが入れられています。

1800年代のジーンズは量産品というよりもテーラードで仕立てられたことも多いという歴史的な事実を、この部分で表現したものと予想します。

このあたりは・・・かなりツウな表現方法ですねぇ。

ジョン万デニム

出典:JOHN MUNG DENIM PROJECT(http://www.shimizu-kankou.com/johnmungdenim/)

革パッチはディアスキンが採用されています。

ウエアハウスもベルベルジンの名も刻まれていない潔さ。その代わりに、ジョン万次郎の直筆のサイン「John Mung」が型押しされています。

このあたりのセンスもさすがです。

【購入方法】

今回の限定品、モノがいいだけに、購入意欲が高まる方も多いことでしょう。そこで気になるのが購入方法。これに関しては公式サイトに以下の記述がありましたので転載させていただきます。

販売数量:120本限定
予約開始日:2018年4月21日 13時~
場所:ジョン万次郎資料館(37本)

その他:土佐清水市ふるさと納税(3本)

上記以外の予約・販売場所および取扱本数につきましては、4月21日の志国高知幕末維新博第2幕開幕イベント(坂本龍馬記念館 特設ステージ)にて発表させていただきます。
なお、ジョン万次郎資料館の販売については、ネットでの予約受付はございません。 また、資料館入館者を最優先とさせていただきます。

ということで、現時点での情報では確実に買いたい方は4/21にジョン万次郎資料館へGOすること、、、ということになりますね。

120本という、超限定品。さぁ皆さん、どうします!?!?

【まとめ】

ようやく商品の現物の写真が発表されましたが、想像していた以上に「良いジーンズ」です。ウエアハウスならびにベルベルジン藤原店長が存分にそのノウハウとマニアックな知識を元に仕上げられた極上のデニムに仕上がっています。

限定品であることが勿体無いレベル。

なぜなら、数量も購入場所も非常に限られているため、多くの方が実際に目にすることが出来ない訳ですから。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ジョン万デニム

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。