今年はどうなる?稲妻フェスティバル2019

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

例年、11月末〜12月にかけて東京・お台場で開催されてきた稲妻フェスティバル。

稲妻フェスティバルspringお台場 2018

しかし、今年2019年の予定は現時点でも不確かなままであることが、先日発売されたライトニングの誌面、ならびにオフィシャルサイトにて露わになりました。

この内容を要約すると、「12月15日(日)で東京開催を予定しているが、場所が決まっておらず、11月30日までには発表する」というもの。

なるほど・・・

普通に考えてコレ、まともな開催はちょっと厳しそうでは・・・。

11月30日売りの誌面で12月15日のイベント詳細を発表しても、ユーザーの立場としては既に予定が入っちゃってることが多く、スケジューリング的にタイトすぎますよね、特に遠方の方は。

私もすでに、家族旅行を入れちゃってました(爆)

そんな訳で、最終的に12月15日にどこかで開催することが決まったとしても、例年より客足が鈍ることは間違い無いでしょう。

稲妻フェスティバルお台場2017

それに、メジャーな大口のブランドは別として、今まで稲妻フェスに多様性をもたらしてきた多くの小規模ブースの出店者が、このスケジュールでは参加できないはず。

つまり、今から出店できるとしても、メジャーどころのブランドに限られそう。

それだと、稲妻フェスの持つコンセプトイメージ(私は、アメリカのローズボールのようだと解釈している)と違う、ただの主要ブランドのディスカウントセールイベントになっちゃいそう。

それだと、例年足を運んでいたファンも、今回は行かないと言う人は多いでしょうね。

ここまでの状況を冷静にユーザー目線で考えると、別に無理に開催する必要はないと思いますが、例年あの規模のイベントですし、主催者の出展料の収入もバカにならないでしょうから、どうしても開催したい大人の事情もあるでしょう・・・。

最終的にはどうなるでしょうかね?

今月の発表を待ちたいと思います。

 

あと…

 

今回、予定通りのスケジュールで開催されるにしても、集客規模は小さくならざるを得ない訳で。

そうすると、稲妻フェスで例年、爆発的にディスカウント品を売ってきた出店ブランドとしては、このために用意してきたアイテムが余りガチ。

 

そう考えると、それらの稲妻出店ブランド、年始の福袋は充実しそうですね。

 

もう一つ…

 

「12月15日(日)で予定しているが、場所が決まっておらず、11月30日までには発表する」という文字面を見ただけで、社会人的には背筋が凍る思いです。

…なんというか、担当各位の、職場での追い詰められた状況を想像しちゃって、手にジワッと汗が湧いてくるというか…

会社からの予算のプレッシャー、大口の出展者との交渉、スポンサーからの突き上げ、マーケティングとの調整…

あ〜 想像しただけで、吐きそう・・・。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。