VINTAGE MINT CASE(ヴィンテージ ミントケース)のもう一つの完成品[VMC-004]

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

間も無く、オンラインストアにて並ぶ予定の、VINTAGE MINT CASE(ヴィンテージ ミントケース)。

新しいVINTAGE MINT CASE (ヴィンテージミントケース)の完成品がこちらです。

2019-10-28

先日、まだお披露目出来ていなかった、新デザインのもう一つのラインナップの完成品をお見せします。

先週末のイベント「LGC(Local Garage Culture)」にて一足先に販売させていただきましたが、その際にとても人気があったデザインです。

Lot:VMC-004

Lot:VMC-004 商品仕様

サイズ:タテ70mm・ヨコ38mm

素材:真鍮製・クロームメッキ処理

備考:専用スリーブケース付

価格:5,500円(+税)

デザインは、「兵士とギター」の刻印になります。

この手の、シュールな「兵士」のイラストが入った刻印は、数あるベトナムZIPPOの中でも私が好きなモチーフになります。

で、なんでギターなの?というところなのですが。

ベトナム戦争当時、戦地にギターを持ち込むアメリカ兵は少なくありませんでした。

戦地での、それは過酷なミッションの間に楽しむ音楽は、貴重な娯楽だったのです。

このZIPPOの刻印を施した兵士も、きっとギターを戦地に持ち込んだ一人に違いありません。

そして「ギターが戦友」という気持ちで、この刻印を施したと想像します。

ちなみに、ここに刻印されているPLEIKU(プレイク) は、人の名前ではありません。

ベトナムの都市の名前で、ベトナム戦争の始まりとなる米軍のキャンプ襲撃事件が起こった場所です。

このデザインは、そのPLEIKUに派遣された部隊に1970年〜1971年まで所属していた兵士が保有していたZIPPOの刻印デザインがモチーフになっています。

ベトナムジッポー, ZIPPO

実際のベトナムZIPPOには多種多様な刻印が存在します。

刻まれているイラスト、都市名、ポエム、人名、年代、そしてZIPPOについたダメージなどなど、一つとして同じものはありません。

言い換えれば「たった一つの小さなライター」ですが、それを所有していた兵士にまつわる背景や心象、現地のことに思いを馳せることのできる、本当に魅力的なアイテムです。

 

そんなベトナムZIPPOの魅力を、身近に感じていただけるVINTAGE MINT CASE。

間も無く、オンラインストアに並べますので、もうしばらくお待ちください。

(今回から、価格を改定させていただきます。)

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。