岡山・児島も舞台。映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

Indy
このブログを初めてご覧になるアメカジファンの皆様には、まずこの人気記事まとめがお勧めです。

先日、岡山・児島を訪れた際に、あちこちでこの宣伝が・・・

2017年3月18日公開の、アニメ映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』

なぜなら、この映画の舞台の一つが、岡山・児島だからなのです。

アニメ映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』

監督:神山健治

神山健治監督の代表作は『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズや、羽海野チカ原作の『東のエデン』。

SF系に強い監督さんですね。

物語概要

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~

以下、公式ホームページから一部抜粋。

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。

何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女は、ついつい居眠りばかり。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。

(中略)

2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたとはどうしても思えない。ココネは次々と浮かび上がる謎を解決しようと、おさななじみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。

その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。
ココネは夢と現実をまたいだ不思議な旅に出る。その大きな冒険の末に見つけた、小さな真実とは…。

公式トレーラー

 

綺麗な美術背景、実際の街を舞台にした設定、ヒロインの存在、声優陣など、

昨今、大成功した『君の名は。』を踏襲したものになってますが、内容は如何に!?

舞台が児島ということもあり、

映画を観た後に児島の作品ゆかりの地に訪れるのも面白いかもしれませんね。

あわせて行くなら?

▼児島ジーンズストリート

児島ジーンズストリート

児島ジーンズストリート「行くなら休日に。」

2017-02-26

▼コレクトのショールーム(要事前予約)

コレクトのデニム生地 オリジナルジーンズ

岡山・児島のコレクトのショールームでデニム生地を選ぶ。

2017-03-04

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。  

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ひるね姫 ~知らないワタシの物語~

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。