こういうのが見たかった!Indigo skin(インディゴスキン)と桃太郎ジーンズのダブルネーム【Lot4】

indigoskin別注桃太郎ジーンズ
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

桃太郎ジーンズは比較的「ショップ別注」をフットワーク軽く行っています。

アメカジブランドの中でも海外の営業施策に力を入れているブランドで、国内だけでなく海外のショップ専用の別注モデルもたくさんリリースしてきました。

ただ、連発してきたこともあり、最近ではネタ切れ感も?

ヒノヤ別注桃太郎ジーンズフォトクロミックプリント

これは賛否両論か…ヒノヤ別注桃太郎ジーンズ「フォトクロミック・プリント」(H0105SP2)

2017-10-29

基本的に、革パッチを変えて、ヒップポケットの出陣ラインの色変え&デザイン変えして、フラッシャー変えて・・・という「フォーマット」になっていますよね。

二番煎じ、三番煎じどころの話ではありませんから、よっぽど贔屓にしているショップの別注でなければ「所有欲が起きない」モノが多いのが正直なところ。

そんな中で、タイで最近、勢いがあるアメカジブランド「Indigo Skin(インディゴスキン)」が、桃太郎ジーンズとのダブルネームのジーンズをリリースしました。

これまでの「どこかで見たことある」別注仕様とは一線を画し、二社の良いところが1本のジーンズに落とし込まれた良作だと思います。

何より、桃太郎ジーンズがダブルネームでジーンズをリリースするのが、珍しい(別注は多いけど)。

Indigo Skin(インディゴスキン)とは?

2009年に設立されたタイのデニムブランド。

indigo skin

>> Indigo Skin

ファブリックは日本のセルビッチデニムを使い、質実剛健な作りは日本のレプリカメーカーと負けず劣らずのクオリティを保ちながら、デザインの一部にタイ王国のトラディショナルなデザインを落とし込んでいるのが特徴です。

日本人的に言えば、「和柄」に相当するデザインとでも言いましょうか。タイの若者にも人気が出てきましたが、色落ちの良さも評判となり、最近では海外での人気も高くなっているブランドです。

Indigo Skin × 桃太郎ジーンズ Lot4

概要

indigoskin別注桃太郎ジーンズ
スペック
・16oz USミックスコットンデニム

・限定インディゴ染めディアスキン革パッチ

・限定ポケットデザイン

・特殊デザインプリントスレーキ

・その他、ダブルネームだけの特別仕様多数…

今回のダブルネームはどちらかというと「桃太郎ジーンズ」を題材に、Indigo Skinが彼らの得意なバックボーンやインスピレーションを落とし込んだ形になっています。

コンセプトも面白くて、日本人主導では考えつかない内容でして、日本のおとぎ話「桃太郎」に合わせて、タイの「邪悪な巨人」が出てくるおとぎ話をデザインに落とし込んでいるんです。

鬼を退治した桃太郎は、海を渡ってタイのおとぎ話の邪悪な巨人の隠れ家に向かう・・・というストーリー。

日本とタイのデザインのミックス・・・面白いんですよ。

詳細

indigoskin別注桃太郎ジーンズ

見所はたくさんあります。細かく変えられた縫製糸の色もそうですが、右ポケットにはIndigo Skinの刺繍ロゴが入っています。

そしてもっとも目立つのが左ポケット。

これはプリントではなく・・・

indigoskin別注桃太郎ジーンズ

刺繍で桃太郎ジーンズの出陣ラインを表現。

この刺繍はIndigo Skinが得意な手法で、両社の良いところが落とし込まれた仕様になっています。

そしてこのデザインは桃太郎ジーンズの通常の「家紋」ではなく、タイの古いおとぎ話に出てくる「heaven flowers(天国の花々)」を「刺繍」であしらったデザインになっています。

indigoskin別注桃太郎ジーンズ

このモデルだけの、インディゴ染めされたディアスキン革パッチも、特別感あり。

indigoskin別注桃太郎ジーンズ

今回のダブルネーム専用、ゴールドの桃ピスネーム。

indigoskin別注桃太郎ジーンズ

ボタンフライですが、このボタンも桃太郎ジーンズとIndigo Skinのボタンを組み合わせたモノ。

indigoskin別注桃太郎ジーンズ

ヨークの裏に貼り付けられた生地は、インディゴ染めされたサテンのオリジナルを使用。

indigoskin別注桃太郎ジーンズ

このデニム生地も今回のエクスクルーシブ仕様。

16ozのヘビーオンスデニムに、耳は桃太郎ジーンズのピンクと、Indigo Skinのイメージカラーのゴールドをあしらっています。

indigoskin別注桃太郎ジーンズ

スレーキもインディゴ染めされた特別版。

indigoskin別注桃太郎ジーンズ

デザインは、右に桃太郎御一行様。

indigoskin別注桃太郎ジーンズ

左に、タイのおとぎ話の巨人。

デニムジャケットやデニムショーツもあり

セットアップで着れるジャケットもあります。

indigoskin別注桃太郎ジーンズ indigoskin別注桃太郎ジーンズ indigoskin別注桃太郎ジーンズ

まとめ

両ブランドの特徴が絶妙なバランスで落とし込まれており、見ようによっては桃太郎ジーンズでもあり、Indigo Skinでもあるように見えます。

日本とタイのおとぎ話を組み合わせたコンセプトも大変面白く、デザインも含めてこのレベルのダブルネームは今後、そうは出てこないだろうと思える内容でした。

こんなダブルネーム、待っていた。

なお、日本で買える場所は今のところ無いと思います。

 

Follow me!!
AiiRO DENIM WORKSでは各SNSで記事の更新やつぶやきをお届けしています。この記事を読んで気に入って頂ければ気軽にフォローいただけると嬉しいです。全部フォローしてくれたアナタは最高です☆

FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
indigoskin別注桃太郎ジーンズ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。