お久しぶりすぎて、もはや新商品。カシオ・Gショックが5900番台をまさかの復刻。 (G-SHOCK)

Gショック復刻5900
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

生誕35周年を迎え、記念モデルを数々リリースするなど、ここへ来てかなり精力的なマーケティングを進めるGショック(G-SHOCK)

先日リリースされたフルメタルボディの【GMW-B5000】も予想以上の売れ行きっぽく、品切れ店が相次いだほど(一部で転売ヤーによりプレ値つけられてましたが…限定品ではないので、いずれ買えるかと。)

Gショックの原点『DW-5000』が初のフルメタル化!新作【GMW-B5000】の魅力を語りたい。

2018.03.07

Gショックって、プロダクトのカテゴリーとしては当然「腕時計」ではあるのですが、ただの腕時計にあらず。

「男の子たちのギア・ガジェット」と言うのか、幾つになっても手にするとドキドキ・ワクワクが止まらない・・・そんな、「半分、おもちゃ」的なエンターテイメント性のあるプロダクトではないでしょうか。

あれだけ小さい箱の中に最新の技術と開発者たちの魂が濃縮しつつ、乱暴に扱っても壊れないっていう、他に類を見ない安心感。

私にとってGショックは「ロマンの塊」。

そんなロマンで遊んじゃっている、こちらの記事も宜しければ是非…

DAMUEを使って、Gショックを自分好みにカスタムする喜び。【Gショック+シルバー925+ブッテロレザー】

2018.05.04

 

そんなGショックが、25年ぶりにあの「3つ目」を復刻。

…と言いつつ、もはやこのオリジナルを知っている人の方が少ないはずで、コレはもう「新商品」と呼んで良いレベルでは無いでしょうか。

その品番とは【5900番】

本日はGショックが復刻するこの5900番台に関して、詳細を見てみましょう。

Gショック(G-SHOCK)DW-5900-1JF

Gショック復刻5900

出典:Gショック公式(https://products.g-shock.jp/_detail/DW-5900-1/)

こちらが、今回復刻としてリリースされる【DW-5900-1JF】。

Gショックの5900番といえば、1990年代はじめに数年だけ販売されたもので、Gショック大ブームの前夜の商品になります。

その後に大ヒットして今でも販売されることになる【6900番】の系譜に続く、いわばプロトタイプに位置付けられるような品番。

Gショック6900

出典:Gショック公式(https://products.g-shock.jp/_detail/DW-6900B-9/)

コレが今もリリースされ続けている6900番。

通称、「三つ目」。

こちらは馴染みがありますね。今でも多くのカラバリのラインナップが毎年リリースされる、大定番モデルです。

一方で5900品番は知っていてもオリジナルを見たことがある人、持っていた人っていうのは非常に稀なのではないでしょうか。

Gショック復刻5900

出典:Gショック公式(https://products.g-shock.jp/_detail/DW-5900-1/)

それが、今回まさかの復刻。

スクエアに近いボティ、そして3つ目の方が存在感のあるフェイスデザイン。

これ、今見るとかなり新鮮です。

尚、細部にわたり機構は現代的にアップデートされています。

例えばバックライトは当時はまだ無い技術だったのですが、今回の復刻にあたりバックライトは採用。

その例のように、基本的には今のG-ショックが持っている技術を載せてリリースされる復刻になります。

Gショック復刻5900

出典:Gショック公式(https://products.g-shock.jp/_detail/DW-5900-1/)

裏蓋はビス留めのもの。

価格は11,000円(税別)。

Gショック(G-SHOCK)DW-5900BB-1JF

Gショック復刻5900

出典:Gショック公式(https://products.g-shock.jp/_detail/DW-5900BB-1/)

今、数あるGショックのカラバリの中でも人気のある、オールマットブラックを搭載した「BBシリーズ」。

そちらでも今回の5900番がリリースされます。

Gショック復刻5900

出典:Gショック公式(https://products.g-shock.jp/_detail/DW-5900BB-1/)

液晶も反転を使っており、全体的にシックなイメージ。

スクエアなシェイプ、主張しすぎないデジタルサイン。

これ、スーツに「アリ」なGショックじゃ無いでしょうかね。

Gショック復刻5900

出典:Gショック公式(https://products.g-shock.jp/_detail/DW-5900BB-1/)

く…イケメンだな…、この子。

定価の価格は11,000円(税別)。

 

インディ的リコメンドはこちらのジェイソン

ただ私的に、今回の復刻の陰に隠れて、ひっそりとラインナップされたこちらも要注目ではと思っています。

【G-001】、通称「ジェイソンモデル」のBBシリーズ(オールブラックモデル)です。

G-001BB-1JF

Gショック ジェイソンG-001BB-1JF

出典:Gショック公式(https://products.g-shock.jp/_detail/G-001BB-1/)

通(ツウ)なファッショニスタに人気のG-001でしたが、どちらかというと子供っぽい配色がコレまで多く、使用機会が限られるような、、、そんなアイテムでした。

しかし、この人気のオールブラックなBBシリーズにこの度ひっそりとラインナップ。

Gショック ジェイソンG-001BB-1JF

出典:Gショック公式(https://products.g-shock.jp/_detail/G-001BB-1/)

オールマットなブラックを纏うだけで、子供っぽさが嘘のようにリッチな雰囲気に。セレクトショップのスタッフさんとかに、バカウケしそうな予感。

Gショック ジェイソンG-001BB-1JF

出典:Gショック公式(https://products.g-shock.jp/_detail/G-001BB-1/)

BBシリーズらしく刻印も入らないシンプルな外装ゆえに真円のボディシェイプが際立たされ、真っ黒でシンプルなのに、近未来感すらも漂う、不思議なアイテム。

スーツを含むモノトーンのスタイルにはもちろん、カジュアルスタイルにだって合わないはずがない。

コレは欲しい。

価格は14,000円(税別)。

 

【まとめ】いくつになっても、Gショックで楽しめる喜び

Gショック復刻5900

出典:Gショック公式(https://products.g-shock.jp/_detail/DW-5900-1/)

モノが売れない…そう言ってどの製造業も嘆く今の時代。

メーカーとしてはできれば商品点数を少なくしたいのが心情のはずなのに、カシオ(Gショック)はこのように精力的に新モデル・新カラーを出してくれる、本当に有難いブランド。

カシオが35年の月日を積み重ねて研ぎ澄ませてきたこの小さい物体は、まさに「ロマン」。

今度はどんなモデルが出るのか?どんな限定版をリリースされるのか?どんなコラボレーションが行われるのか?

私もそんな情報を見ながら日々、ワクワクさせて頂いています。

もはや「Gショック」という名の「エンタメ」ですよね、コレって。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
Gショック復刻5900

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。