VISVIM 中村ヒロキ氏の書籍『My archive』の発売に合わせて展覧会が開催。

visvim my archive
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

私も大好き、visvim(ビズビム)のクリエイティブディレクターの中村ヒロキ氏による『POPEYE』誌で連載をまとめた書籍『My Archive』がマガジンハウスから2018年4月に発売予定。

『My Archive』(マガジンハウス)

visvim my archive

visvimのクリエイティブディレクター・中村ヒロキ氏が、ものづくりを行う上でインスピレーションを与えてくれる古今東西のヴィンテージアイテムから50点をセレクト。

その魅力について語った雑誌『POPEYE』の人気コラムが書籍化されます。

価格は3,800円。 はい、買います。

中村ヒロキ氏とvisvimのクリエーションは、極上のエンターテイメント。

物作りのアプローチに、映画を見ているような起承転結があるんです。

そんな独特の世界観のルーツが紐解かれていく連載を一冊にまとめていただけるとは、感謝。値段はこの際、どうでもいいんです。

そして、この『My Archive』の刊行に合わせ、中村ヒロキ氏のコレクションの数々を展示・公開する展覧会が今週末から表参道の【GYRE】にて開催されるとのこと。

visvim『My Archive』展覧会 @表参道 GYRE

visvim my archive

中村ヒロキ氏がインスピレーションを受けてきた、洋の東西を問わず、時代を問わないプロダクトの数々が展示される展覧会です。

visvim my archive

ネイティブ・アメリカンのレザー・モカシン、チベットの天然染色のブランケット、エチオピアの少数民族のハット、フランス・アルザス地方の羊飼いの傘など、中村ヒロキ氏が見出した「手仕事の美」を見せるプロダクトの数々が展示されます。

visvimの、いわば「変態的」なモノづくりの一端に触れる貴重な機会となる展覧会。

私は幸運なことに、この会期中に東京にいる!!! 時間を見つけて足を運んで見たいと思います。

VISVIM(ビズビム)が開発した「DRY DENIM」の技術とは?

尚、3/31にはその中村ヒロキ氏とPOPEYE元編集長の木下孝浩氏とのトークイベントもあるそうですが、事前申し込み必須とのこと。

詳しくはvisvimのHPを参照。

展覧会詳細

日時:3月17日(土)〜4月12日(木) 11:00-20:00

場所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 EYE OF GYRE / GYRE 3F

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
visvim my archive

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。