FIELD FACE MASK(フィールド・フェイスマスク)[Type : MSK-20]、リリースしました。

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

オリジナルで製作しました、長く経年変化の楽しめるアメカジなミリタリー布マスク。

FIELD FACE MASK(フィールド・フェイスマスク)

本日より、リリースです。

オンラインストアは、こちらから。

本日はその概要をまとめてお伝えいたします。

FIELD FACE MASK(フィールド・フェイスマスク) [Type MSK-20]

概要

1940年代の、土埃舞う戦場のミリタリーを意識した、経年変化の楽しめるアメカジに合う布マスク。

FIELD FACE MASK(フィールド・フェイスマスク)です。

洗って繰り返し使用可能。

ボディ素材は経年変化の楽しめる先染めの硫化染ヘリンボーンを採用していますので、使いこむごとに色味が抜け、ヴィンテージ・ミリタリーの雰囲気になります。

尚、一部抗菌素材を採用していますが、医療用マスクではございませんので、予防は適宜ご自身で、適切に行ってください。

ディテール紹介

立体シェイプ

マスクの形状ノーズから顎の半分までを覆う立体フィットパターンを採用しています。

また、顎が細く見えるように、ヘリンボーン生地の綾目の方向も計算して配置設計しています。

経年変化が非常に楽しめる硫化染めヘリンボーン

今回の「土埃舞う戦場のミリタリー」のコンセプトを元に採用した生地は、1940年代を再現した貴重な硫化染めのヘリンボーンツイルです。

洗いを繰り返すことで淡く退色し、ジーンズの様にアタリがつく経年変化を見せます。

またヘリンボーンの綾目が浮き出してくる特性を持っており、40年代のヴィンテージ・ミリタリーの雰囲気を醸し出します。

通常のヘリンボーンツイルよりもヘビーオンス、且つザラ感の強い生地であり、触れているだけでアメカジファンの心を掴む、素晴らしい生地です。

尚、商品は一度水洗いしてから、お届けいたします。

不滅インキによるメーカーズ・レーベル(maker’s label)

40年代のヴィンテージ・ミリタリーに見られるメーカーズ・レーベルスタンプを、オリジナルでアレンジしました。

このスタンプは洗いをかける毎にカスれていきます。

抗菌ダブルガーゼ採用

マスク外側が淡く退色・経年変化をしていくからこそ、内側は綺麗に、清潔に。

口元が当たる内側には抗菌のダブルガーゼ生地を採用しています。

口当たりはソフトであり、洗濯をすることで清潔に保たれます。(しかし医療用マスクではありませんので、予防は適宜ご自身で、適切に行ってください。)

フィルターポケット仕様

マスク外側のヘリンボーンと、内側の抗菌ダブルガーゼの間はポケットにしています。

ここに、紙マスクに採用されているような不織布のフィルター等を入れることで、マスク本来の効果を高めることができます。

フィルターを交換することで機能を維持することが可能です。

ポケッタブル

抗菌素材を使っているとはいえ、口元があたる部分は持ち歩く時も清潔でいたいもの。

持ち歩く時には内側に折りたたんで、ポケットに入れてください。

どんなアメカジアイテムのポケットにも、似合います。

ヘリンボーンツイルに合う黒ゴム紐を採用

耳にかけるゴムは、ミリタリーな雰囲気にあう黒ゴム紐を採用しました。

マスクのゴム紐は消耗品です。

使用を続けていれば、どのマスクでも必ずゴムが伸びてダメになります。

このFIELD FACE MASKでは、ゴムは交換可能な仕様になっているので、ゴム紐が伸びてきたら各自、交換してください。

そうすることでいつまでも長く使うことが可能です。

尚、現在このゴム紐の資材調達に支障をきたしており、写真と違うパターンのゴム紐が付属する場合がございます。

機能的には変わりませんので、予めご了承ください。

着用サンプル

アメカジな布マスク…ということで、様々なスタイルでの着用サンプルを以下、掲載しておきますので、参考にしてみてください。

ミリタリー系ヘビーアウター

ミリタリーというコンセプトのため、ミリタリー系アウターとの相性は抜群です。

写真はN-3B。

冬はこれで良さそう。

フィルターを入れることで排ガスの粒子はある程度カットできると思うので、バイカーの方にもお勧めしたいところ。

ミリタリー系ライトアウター

春先に活躍する、L2-Bのようなライトアウターとも相性よし。

フィルターを入れることで、花粉症の季節にもある程度対応可能です。

同じライトアウターでも、現在企画中のヘリンボーン ・カバーオールは、今回のマスクと同じ生地を採用していますので、当然合います。

マスクとアウターのセットアップとか、世界でも稀な存在ではないですかね(笑)

デニムのトップス

デニムのトップスだとこんな雰囲気です。

尚、このトップスは10oz denim shirtです。

デニムジャケットとの着用サンプルも、どうぞ。

これはONE PIECE OF ROCKの1stモデルですね。

Tシャツにも

夏に布マスクって、結構違和感があるんですよね。

マスクが浮いちゃうというか。

今回のようにミリタリーな布マスクだと、嫌味なく、目立たず、且つおしゃれな感じが…しませんかね? どうでしょう…

【まとめ】アイイロデニムワークスの定番として展開します。

本日よりオンラインストアにてリリースいたします。(お一人様1つまで)

販売価格は 3,000円(+税)(+送料)です。

オンラインストアは、こちらから。

発送はヤマトのネコポス(ポスト投函される郵送方法)で行います。

現在はマスクの資材調達(特にダブルガーゼと、マスクのゴム紐!)が困難なため、ご提供できる数量に限りがございますが、基本的には定番として展開していきます。

皆様、よろしければ、是非手にとってみてくださいね。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


2 件のコメント

    • >山下様

      すみません!あっという間に全数完売となってしまいました…。
      再販できるよう制作目指しますが、現在は一部の資材が仕入れ困難につき、時期未定でございます。

      再販きまりましたらまたブログにてご連絡しますので、それまで気長にお待ちいただければ幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Indy

    ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。