Jackman(ジャックマン)2018秋冬のイチ押しアイテム【Waffle Midneck】をレビュー

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

「職人的なモノづくり・こだわりのプロダクト」フェチの私。

そんな私の心と魂を満たしてくれるブランドやアイテムを日々探しています。

そんな私が今、ハマりリスペクトしているのがJackman(ジャックマン)』

手にすれば分かる、着れば分かる、その素晴らしいプロダクトの数々。

彼らが評価されないモノづくりの世界なんて、偽善だらけの嘘っぱちだとすら、思う。

遅かれ早かれ、アメリカン・カジュアル衣料のメインストリームに躍り出てくるのではないでしょうかね。

職人的なモノづくりの魅力が溢れる彼らの2018年秋冬の中で、独特の存在感を示す新作が今日レビューする【Waffle Midneck(ワッフル・ミッドネック)】です。

ジャックマン ワッフルミッドネック(Waffle Midneck)

外観

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

ディテールを追っていくと、これぞ職人な一着。

ジャックマンの2018年FWのコレクションの中で存在感を見せる、【Waffle Midneck(ワッフル・ミッドネック)】

私はネイビーをチョイスしました。

綿100%のワッフルですが、軍モノにあるサーマル的なインナーものではなく、素材に厚みがあり、シルエットや縫製も若干カレッジテイスト。

どちらかと言うとスエットに近いトップスものになります。

ディテール

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

この【Waffle Midneck(ワッフル・ミッドネック)】の最も大きな特徴はボディのワッフル素材。

ジャックマンのオリジナルの生地であり、極太の糸を使用して編み上げられた、目が大きいワッフルが特徴。さらっとしつつ弾力性のある独特の触り心地です。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

ジャックマンが自社工場で長年培ったメリヤス編みの技術が集約されたワッフル地。

ふんわり、柔らかく、とにかく暖かい!

ルックスの良さはもちろん、寒さが厳しくなるこれからの季節の防寒着として重宝しますね、これ。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

もう一つの特徴、首元が立襟リブになっています。ミッドネック(Midneck)の名はここから。

しかも針落としのデザイン。

このネックの仕立てが、とっても秀逸。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

角度を変えた、ネック部分の写真。

よく見ると分厚くふっくらしているリブであることが、わかりますか?

これ、イメージとしては「ニット帽のかぶるところ」みたいな感じ。

このネックの仕立て方が、着心地の良さと暖かさに加え、耐久性も高めています。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

こうやって反対から見ると、まさにニット帽です(^^)

着心地最高、病みつきになるよー。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

同じリブが、袖と裾にも。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

それにしても、なんと美しい仕立てでしょうか。

リブ一つとっても、ジャックマンの技術の高さ、作りの良さが分かります。

アメカジ好きな人なら、着ていて幸せを感じるプロダクトです。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

こちらは背面からの写真。

背中の仕立て方にもひと工夫あり。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

背中部分にこの手のカットソーでは見慣れない切り替えパターンがあります。

デザインではなく、意味のある仕様。

ワッフル生地は特性上、柔らかさがある反面、伸びやすい性質があり、服そのものの重量でもだらしなく伸びてきます。

そこでジャックマンは肩の上の生地を横使いにし、切り替えパターンの縫製を入れることで肩上部分が重量で伸びてくるのを防ぐ工夫を施しています。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

その切り替え部分も含め、全体がフラットシーマで縫い付けされており、内側の縫製跡の凹凸がなくなるため、肌へのストレスもありません。

もともとベースボール衣料で技術を高めたジャックマンらしい、着心地に加え耐久性に対しても妥協の無いモノづくり。

実際に手にして幸せを感じる、素晴らしい一着です。

販売価格は14,000円(税別)。

私がチョイスしたのはネイビーでしたが、カラバリもあり。

オフィシャルHP上の【Waffle Midneck】の説明はこちらをどうぞ。

【まとめ】ジャックマンの技術の高さを堪能できる、2018秋冬注目の一着

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

ジャックマンの魅力は、長い歴史の中で培った縫製技術、自社工場を持っていることによる素材開発、シンプルで長く着用できるデザインと耐久性。

それらの魅力が遺憾無く発揮されたのが、この【Waffle Midneck】になります。

 

ジャックマンはまだこれから進化していく事でしょう。

今後の展開が非常に楽しみです。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。