ドゥニーム30周年記念「SPECIAL PROJECT EXHIBITION in TOKYO」の開催、そして大阪でも。

DENIME ORIGINAL LINE
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

ドゥニームのブランド設立30周年を記念したプロジェクト。

旧ドゥニームのモノづくりを再現し、「ドゥニーム・オリジナルライン」として復活させようという取り組み。

DENIME 30th ドゥニーム30周年

ドゥニーム30周年記念プロジェクトと限定ジーンズ【30周年真空パックモデル】が発売決定。(Denime)

2018-08-04

このプロジェクトの発表後、そのモノづくりのこだわりに関するアナウンスがなく、あまり力が入ってないような…どうしちゃったんだろう…と心配していましたが、この10月に入って続々と新情報がリリースされております。

(とはいえ、期待した林氏監修…は流石に実現しませんでしたね…)

Denime30周年記念「SPECIAL PROJECT EXHIBITION in TOKYO」

30周年記念 限定「真空パッケージ」

で、30周年記念の「真空パッケージ」バージョンはこんな感じに仕上がりました、と。

こちらの30周年記念版、アナウンスでは500本限定とのことですが、2種類合計での数量とのことで、

革パッチの『XX-TYPE』が27,000円(税別)で、200本限定。

紙パッチの『66-TYPE』が22,000円(税別)で、300本限定。

という内訳でした。

こちらがそのスレーキに押される、記念のスタンプ。

ちなみに、この30周年記念版、記念であるポイントは「真空パッケージ」と上の「スレーキスタンプ」になり、それ以外は今後も発売を継続するドゥニーム・オリジナルラインと同じ製品になります。

そのドゥニーム・オリジナルラインでは、

革パッチの『XX-TYPE』が24,000円(税別)

紙パッチの『66-TYPE』が19,000円(税別)

だそうで、今後定番として取り扱っていく商品になります。

つまり。

30周年記念版は、真空パッケージ+スレーキの記念スタンプで3,000円アップ、ということになります。

ドゥニームに強い思い入れのある、コレクターファン向けの仕様ですね。

普通に穿き込みをされるなら通常版の購入でも良いかと。(真空パッケージって、開けるのもったいなくて、買っても結局穿けなくなっちゃうんですよね)

「SPECIAL PROJECT EXHIBITION in TOKYO」

で、これらのインスタのドゥニーム公式情報の中にも掲載されていますが、ドゥニーム・オリジナルライン(DENIME ORIGINAL LINE)の発売を記念した一般向けのエキシビション「SPECIAL PROJECT EXHIBITION in TOKYO」が今週、東京で開催されます。

DENIME ORIGINAL LINE

出典:DENIME(https://denime30th.com/2018/10/04/special-project-exhibition-in-tokyo/)

エキシビションというよりも、展示会的なものかと思われます。

発売前のオリジナルラインおよび30周年記念の限定版をひと目早く見れるチャンス。

お近くの方は、ぜひ。(商品の予約もできるそうですよ)

「SPECIAL PROJECT EXHIBITION in TOKYO」

日程:2018年10月20日(土)・21日(日)
場所:東京都渋谷区恵比寿南1-16-3 B1F
入場:無料(「Denime_Original」のSNS投稿を受付で提示)

尚、エキシビションに参加された方は、こちらのエコバッグがもらえるとか。

これが一番嬉しいかも(^^)

「SPECIAL PROJECT EXHIBITION in OSAKA」

また、11月9日(金)10日(土)は、大阪で「SPECIAL PROJECT EXHIBITION in OSAKA」を開催予定とのこと。

・・・この日程だったら、私、大阪行けるかも。

今は母体が変わってしまいましたが、30年前の母体は関西がお膝元でしたから、こっちの方が盛り上がる気がします。

個人的には、堀江エリアで開催してほしいなぁ。

関西でドゥニームといえば、堀江を思い出す昔からのファンが多いのではないでしょうかね?

あの時のドゥニームは、間違いなくアメカジ・アパレルの先端を突っ走っていました。その集大成が【堀江】の直営店だったと個人的には思います。

※追記

会場が発表されました。

日程:2018年11月9日(金)・10日(土)
場所:大阪市中央区西心斎橋2-2-12 クリスタグランドビル1F ・WEGO アメリカ村店 店内
入場:無料(「Denime_Original」のSNS投稿を受付で提示)

 

最後になりますが、この記念イヤーに、昔のドゥニームのモノづくりを復活させようという心意気・展開は面白いと思いますが、

それを言うのであればですよ??…

昔(20年以上前)から同じモノづくりを継続&進歩させているウエアハウスやフルカウントって、すっごいブランドってことですよね。

…と思ってみたり。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
DENIME ORIGINAL LINE

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。