目のつけ所が“Begin”でしょう。【Begin別注】ウエアハウス『1001BB セールスマンサンプル』(WAREHOUSE)

ウエアハウス『1001BB セールスマンサンプル』
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

ヴィンテージのアメカジ系小物の中で、有名なバディ・リー。

buddy-lee

1920年代にLeeの販促用に作られたこのマスコットは、世界中にコレクターも多いグッズです。

で、その影に隠れていますが、同じようにコレクターが存在するアイテムに「セールスマンサンプル」があります。

salesman sample

「セールスマンサンプル」とは、19~20世紀前半のアメリカで各ジーンズメーカーのセールスマンがトランクに入れて営業周りするセールスツールとして、ジーンズを小さく作ったミニチュア版の非売品アイテム

そのため、そもそも生産された数が少ない激レアなカテゴリーのグッズなのですが、バディ・リーと同じく世界的にコレクターがいるため、ヴィンテージショップでも見かけることはまずありません。

そんなセールスマンサンプルを…まさかのウエアハウスが、Begin別注で商品化。

本日はその詳細を見てみましょう。

【Begin別注】ウエアハウス『1001BB セールスマンサンプル』

概要

ウエアハウス『1001BB セールスマンサンプル』

出典:Begin Market(https://market.e-begin.jp/fs/begin/warehouse/WAR_WAR0256F?utm_source=e-begin&utm_medium=web&utm_campaign=ranking01_48347_20180918)

Beginがウエアハウスに別注して販売しているセコハンシリーズのジーンズ【1001B】をモチーフにミニチュア化したのが、この【1001BB セールスマンサンプル】です。

実際にどれくらいミニチュアかと言いますと、幅は9cm・縦は29cmというサイズ。思ったよりもちょっと大きい?感じがします。

ウエアハウス『1001BB セールスマンサンプル』

出典:Begin Market(https://market.e-begin.jp/fs/begin/warehouse/WAR_WAR0256F?utm_source=e-begin&utm_medium=web&utm_campaign=ranking01_48347_20180918)

ミニチュアなのに良く見ると耳が付いてたり、裾上げはチェーンステッチだったり、膝裏のハチノスも再現されていたり…縫製の技術もさることながら、ウエアハウスの高い古着加工の技術がしっかり施されています。

これを商品化しようと思うところが…Beginさんらしい遊び。

発売はBegin Marketのみでの販売。

数量限定で無くなり次第終了のコレクターズアイテム。

価格は10,000円(税別)です。 …いちまんえん 

【まとめ】ウエアハウスがすっごく好きな人向け。

セールスマンサンプルへの目の付け所といい、持っていると面白いアイテムではあるのですが、、、

この価格(10,000円)はかなりチャレンジングですね。

作り手の立場で縫製や加工などの手間を考えるとこの価格になるのは妥当だと理解しますが、買う側としてこの値段を出すなら、あと1万円出してウエアハウスの定番【Lot :1001】を買いたいと思うなぁ…。

ウエアハウス1001XX ラストモデル

初めて買うセルビッチジーンズは、“この一本”をお勧めしたい。(色落ちの良いデニム)

2017-09-09

他のブランド各社もこのセールスマンサンプルを出せばコレクター性が出て面白いと思いますが、この1つだけ持っていると置き場所に困りそうなイメージ…(^^) 壁に飾る?

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ウエアハウス『1001BB セールスマンサンプル』

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。