リアルマッコイズのイベント限定ジーンズは大戦モデル『PRONTO DENIM CARNIVAL2017』

リアルマッコイズ限定ジーンズ
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

Indy
このブログを初めてご覧になるアメカジファンの皆様には、まずこの人気記事のまとめがお勧めです。

タイのバンコクで明日開催されるアメカジイベント【PRONTO DENIM CARNIVAL 2017】。

各社の限定アイテムが続々発表されていますが、

その中で、本日はリアルマッコイズのイベント限定モデルをご紹介します。

大戦モデルのアレンジ版。 デニム通は、これ好きでしょうね。

リアルマッコイズ【PRONTO DENIM CARNIVAL 2017】限定アイテム

Real McCoy’s 14.3oz【Lot. 017】


リアルマッコイズ限定ジーンズ リアルマッコイズ限定ジーンズ

シルエットは、股上に多少余裕がある細身ストレート。

ジョーマッコイのLot.991XHのシルエットを踏襲しているそうです(←Pronto Denimのタイ語のHPを参照しているので、違ったらすみません)。

デニム生地は14.3oz

リアルマッコイズの大戦モデル「Lot.S003」と同じ生地を採用しているとのこと。

ドーナツボタンやコインポケットの縫製仕様も、リアルマッコイズの大戦モデル「Lot.S003」がベースとなっているようです。

リアルマッコイズ限定ジーンズ

バックポケットの飾りはステッチではなく、ペイント

いわゆる、リーバイスの1944年代、大戦モデルで見られる仕様ですね。

この仕様は以前のリアルマッコイズでもあった(?)らしいですが、現行モデルには見当たら無いディティールです。

革パッチは「RM」を型押ししたヘアオンハイド(ハラコ)

尚、リアルマッコイズでは「Lot.002」という品番でこのヘアオンハイド(ハラコ)の「RM」パッチはやってます。

この限定モデルの販売価格は10,900 タイバーツ。日本円で約3万5千円

総評

大戦モデルの時代背景とは、第二次世界大戦下において物資統制が行われていた時代に、政府の意向でジーンズの縫製やパーツが簡素化されたり、結果として生産タイミングによって仕様が統一されなかったこと。

結果として、リーバイスの大戦モデルと言われるものにも当時の生産現場の都合が反映された、多種多様な「イレギュラー」が存在します。

そういう「イレギュラーが有りだった」時代背景のある「大戦モデル」をモチーフに選び、

リアルマッコイズとジョーマッコイのジーンズの良いディティールを集めたモデルを出してきて、マッコイズの世界観を崩さない形で限定モデルを企画したのが、マッコイズらしいなと思いました。

他のメーカーさんの様に、「限定」っぽさを前面に出した派手なディティールは無いですが、

それゆえにデニム通=玄人に刺さる限定モデルだと思います。

その他のブランドの『PRONTO DENIM CARNIVAL2017』限定品

桃太郎ジーンズはこちら↓

桃太郎ジーンズ PRONTO DENIM CARNIVAL2017限定

なかなかの破壊力!桃太郎ジーンズの『PRONTO DENIM CARNIVAL 2017』限定品がヤバい件。

2017-03-11

フルカウントはこちら↓

フルカウント PRONTO イベント限定 

フルカウントのイベント限定ジーンズは“ワイルドコットン”『PRONTO DENIM CARNIVAL2017』

2017-03-15

ウエアハウスはこちら↓

ウエアハウス限定ジーンズ PRONTO DENIM

ウエアハウスのイベント限定ジーンズ『PRONTO DENIM CARNIVAL2017』

2017-03-16

アイアンハートはこちら↓

アイアンハート限定ジーンズ PRONTO DENIM

アイアンハートのイベント限定ジーンズは…やっぱりヘビー『PRONTO DENIM CARNIVAL2017』

2017-03-17

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。  

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
リアルマッコイズ限定ジーンズ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。