【雑誌Begin別注】ウエアハウスの「2nd hand」1001Bは即戦力の一本。

【雑誌Begin別注】ウエアハウスの2ndhand。
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

雑誌のビギン(Begin)とウエアハウスとの別注企画モデルがこの度、発売。

先日発売の「雑誌ビギン7月号」にも別注の経緯など掲載されています。

雑誌Begin別注のウエアハウスは“即戦力”の一本。

別注の概要

【雑誌Begin別注】ウエアハウスの2ndhand。

ウエアハウスが今、推しているUSED加工のライン「2ND HANDシリーズ」が今回の別注のベースとし、Begin誌面と連動して展開。

詳細は、Begin公式ページをご覧ください↓

細部のディテールは、これまで数々の名品を生み出しているウエアハウス生産なので当然クオリティ高く、

雑誌Beginの方で細部のシルエットに徹底的にこだわって再構築したのが、今回の別注アイテム。

品番は【1001B】となってますが、ベースはウエアハウスのLot 1101

同モデルは股上を浅く、腰回りタイト、腿からひざ下にかけてタイトなシルエット、

綺麗目にもカジュアルにも使える汎用性の高い一本をセレクト。

熟れ筋を熟知する雑誌からの別注提案は「レングスへのこだわり」

もっとも大きな特徴は、雑誌Beginによる「レングス」へのこだわり。

裾上げ不要の実質28インチ設定に調整し、

裾は長く履きこんだようなチェーンステッチのアタリを再現。

また、そのレングスにマッチさせた全体のUSED加工を施し、

「日本人が履いていて自然な古着のジーンズ」を狙って作られています。

確かに、USものの古着だと、足の長い人が履いてたこともあり、

日本人が履いた時に経年変化の出方が不自然ですからね。

膝のあたりの位置とか、ヒゲの出方とか。。。

詳細・購入はBeginのオフィシャルサイトから。

詳細はこちらです。

私自身はUSED加工のデニムに興味はないのですが、

セレクトされたモデルといい、別注のコンセプトといい、雑誌連動した企画内容といい、

スマッシュヒットする一本だと思います。

 

これからの季節のコーディネートでは、使いやすい一本であることは間違いありません。

買ったその日から大活躍間違いなしの、「即戦力の一本」です。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
【雑誌Begin別注】ウエアハウスの2ndhand。

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。