デニム界初の特別プロジェクトの経緯③『職人が物を作り出す過程こそ価値がある』

CONNERS SEWING FACTORY リニューアルオープン
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

「映像」は時として、何万字の言葉よりも説得力があり、感情を動かし、時代を超えるツールになります。

 

もしgoro’sの高橋吾郎氏が自分のためだけに目の前でジュエリーを作ってくれたら、それはとても特別な体験となり、そこで手にしたジュエリーは「宝物」となるでしょう。

デニム界初の特別プロジェクトの経緯②「誰から」「どんな体験を通じて」「何を手に入れるか」

2018.06.05

 

ここからは “もしも” の話ですが… その“制作風景の映像”が「動画」で残っていたら…とよく妄想するのです。

GORO'S

映像の向こう側で若き高橋吾郎氏が作り上げていたジュエリーが、何十年も色あせず、今も自分の手元にある、と妄想してみる。

 

goro’s好きの人は理解いただけるでしょうが、その制作映像が存在することで、手元の作品が別次元の輝きを放ち、新しい価値を生み出す感覚があります。

 

これってつまり、どういうことかというと。

 

職人の作り出した作品の価値を考えるときに、出来上がった「モノ」の品質以上に、誰が・誰のために・どんな環境で・どの様に作ったか、ということの方が価値が大きいのでは?という仮説です。

 

これはgoro’sに限った話ではなく、

全ての職人・アーティストの“ものづくり”に通じることだと私は思っています。

 

子供が下手くそだけど一生懸命描いた絵が、捨てられないのと一緒。

彼女が頑張って編んでくれたマフラーが、なかなか捨てられないのと一緒。

 

作品そのものだけではなく、作品を作り出す人、そして作る過程のストーリーを知ることにこそ、大きな価値があるのでは、と。

 

そこで考えてみました。

One Piece of Rock (ワンピースオブロック)ー07

最高の職人さんとパートナーと組んで、一本一本のストーリー(制作過程)を映像に収め、作品と一緒に届けることが出来れば、どのような新しい価値がもたらされるだろうか?

***

最高の技術を職人が、あなたの作品を作るために作業台に向かい、素材と道具に対峙し、静かに集中力を高める。

ゼロから、流れるような美しい所作で素材を加工し、魂を吹き込んでいく。

それは職人にとって、新しいオーナーへの思いやりと、作品への愛情と、その作品の産みの苦しみの混ざり合った、まさに子供を生む瞬間に似た作業。

***

これをおさめた映像って、その人に取ってプライスレスな、極上のエンターテイメントなのではなかろうか、と。

One Piece of Rock (ワンピースオブロック)ー21

今進めている新しいプロジェクトでは、このストーリー(映像)も含めて「作品」としてリリースし、これまでに無い新しいモノづくりの価値・職人の価値を、ジーンズを通じて提案させて頂きたいと思います。

 

ジーンズの本数と同じ数、映像を新たに撮り、その人のためだけに全編、編集します。

 

こんな手間、どのブランドも面倒すぎて、やることは無いでしょう。

でも、そんな映像をジーンズと一緒に手にした人は、嬉しいでしょう。

 

だからこそ挑戦しがいがあるし、固定概念に捉われない「サードウェーブ」であることの強みでもあります。

 

そして、アーティスト(=縫製師)のライブ(=縫製)をレコード(=記録)するプロジェクトとして、【8 DAYS CITY RECORD】という架空の映像レーベルを立ち上げます。

 

言い換えれば、ミシンでカタカタ縫い物をしている様子を撮影する専門のレーベルです。

このイカれっぷりも、サードウェーブな感じで面白いでしょう???(笑)

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
CONNERS SEWING FACTORY リニューアルオープン

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。