「10oz denim shirt」のプリントネームをデザインする(不滅インキでスタンプ)

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

今年の猛暑の夏場でも、根性で着用テストを繰り返し…ようやく、完成が見えてきました。

オリジナルの、長袖のデニムシャツ。

シルエット、襟の形、縫製仕様、ボタンなどの副資材に到るまで、ディテール修正を繰り返してきました。

デニムジャケットよりもフォーマルに。

デニムシャツよりもカジュアルに。

アーカイブ衣料の常識に縛られず、オリジナルで仕立てた「日常使いに、ちょうど良い」長袖のデニムシャツです。

何よりこだわったのはデニム生地のセレクト。

10ozという、この手のシャツには滅多に使われないオンスのデニムをピックアップ。

だいたい、デニムシャツ(ウエスタンシャツ)は6.5~ 8ozのデニムが、

デニムジャケットは12~14ozのデニムが使われることが多い訳で。

このシャツの特徴はこの10oz デニムの、独特の着心地にあり。

ということで、このシャツの名前は、そのまま「10oz denim shirt」としました。

この詳細はまた後日、お伝えするとして。

本日は、そのネームの制作作業の一端をお見せしようと思います。

10oz denim shirtのネームは「スタンプネーム」で制作する

ネーム・デザイン

さて、ネームですが、

すでにシャツ向けのレーヨンの織りネームは出来ています。

デニムシャツの織りネーム

2019-06-05

この横長の織りネームはあくまでもブランドネームなので、このネームとのバランスを考えつつ、「10oz denim shirt」の特徴を表した専用のネームを追加します。

私のイメージとしては、文字のみのデザインで、このシャツの雰囲気を表したい。

という訳で、こんな感じに。

タイプライターのフォント+筆記体フォントをバランスよく配置し、フォーマル&ベーシックな雰囲気を持たせて見ました。

スタンプを制作する

さて、このデザインで、どのようにネームを作るか?ですが。

半袖デニムシャツ用に、プリントネームを作りました。

プリントネームを作ってみる。

2019-06-06

↑これは凸版の1色刷りのネームでした。

今回は、もう少し経年変化が分かりやすく楽しめるような仕様にしたいと思い、制作したのがこちら。

スタンプです。

今回のネームは、その上に配置するレーヨンの織りネームとの対比を楽しむため、コットン素材の上に、先に制作したデザインを“スタンプ”するスタンプネームで進めることに決めました。

以前、革パッチ用のスタンプを作ったことがあるのですが、

革パッチにスタンプする

【Movie】『Cherokee(チェロキー)』の革パッチにスタンプする。

2018-01-05

このスタンプ本体のアクリルが実に美しいですね…

不滅インキが使える黒ゴムで制作しています。

不滅インキであれば、そう簡単に退色することはありませんが、凸版印刷と比べると堅牢度が下がるため、着用を繰り返すことでカスれて薄くなっていきます。

イメージとしては、ミリタリー品に付いている布パッチのような感じ。

これを、コットンローンに自らスタンプする形で、ネームを制作して行きます。

【まとめ】自己満足半端ない、スタンプネームの魅力

という訳で、本日は「10oz denim shirt」のネームのお話でした。

このスタンプを使ってネーム制作する様子は近日、お伝えできればと思いますが、私がこれまで作ってきたネームの種類の中で、このスタンプネームが一番気に入っています。

デザインの楽しみ。

スタンプの出来上がりを待つ楽しみ。

スタンプが出来上がった時の感動。

インクをつけて押す時の、失敗できない緊張感。

うまく押せた時の達成感。

何より、ネームとしての雰囲気のカッコよさ。

まぁ、作る側の自己満足ではありますが…、

また機会があれば、積極的に採用してみたいと思います。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。