ウエアハウス1001XX  赤タブ+アーキュエイトステッチ ラストモデル

ウエアハウス1001XX ラストモデル
スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

aiiro denim works online store

自宅に眠らせている、今となっては貴重品。

ウエアハウスの1001XX。

赤タブとアーキュエイトステッチが搭載されたラストモデルです。

2006~2007年くらいのものかと。

1001の形自体は今もさほど変わらないのですが、やはり赤タブとステッチだけで、印象は別物になりますね。

ジャパンデニムの転換期の象徴、ウエアハウス1001XX

ウエアハウス1001XX ラストモデル(赤タブ+アーキュエイト付き)

それまでリーバイスのヴィンテージを細部まで再現した仕様をジャパンジーンズブランド各社、そして消費者の私達も追いかけていました。

ウエアハウスはその「再現性」という意味で頂点を極めていました。

ところが、某大手メーカーとの商標権の問題でバックポケットのステッチや赤タブを各社がやめざるを得なくなり、

ウエアハウスも赤タブ、アーキュエイトステッチのモデルを廃盤&仕様変更を行いました。

このタイミングは、ジャパンデニムブランドの大きな転換期だったと思います。

ウエアハウス1001XX ラストモデル(赤タブ+アーキュエイト付き)

要は、ヴィンテージのディティール絶対主義の終焉です。

あのウエアハウスでも辞めざるを得なかったという事実。。。

これ以降、各ジャパンブランドは、オリジナリティを出したジーンズを出す傾向が強くなりましたし、雑誌も「ヴィンテージの再現性」をうたう商品が無くなってしまった。

雑誌も煽らないので、結果として消費者側も過去のディティールの再現性を重要視しなくなり始めたのがこの頃からです。

そして、過去に縛られなくなった結果、

フラットヘッドのように独自の進化を始めるブランドが台頭し、また消費者もそれを支持するようになりました。

そういう点で、私にとってこの1001XXの赤タブラストモデルは思い出深いのです。

ウエアハウス1001XX ラストモデル(赤タブ+アーキュエイト付き)

パッチは現行品と同じ。

ウエアハウス1001XX ラストモデル(赤タブ+アーキュエイト付き)

ウエアハウスの頭文字「W」を模したステッチ。

これ以前のモデルでは、リーバイスのアーキュエイトにほぼそっくりだった頃があります。

ウエアハウス 1001XX 色落ち

ウエアハウス1001XXの色落ち研究(1996年製)

2016-03-25
ウエアハウス1001XX ラストモデル(赤タブ+アーキュエイト付き)

赤タブ。

ウエアハウスは現行品においても赤い刺繍をデニムに施すなど「赤タブっぽく見える」仕様を採用してはいますが、やはり赤タブって、いいですよね。

ウエアハウス1001XX ラストモデル(赤タブ+アーキュエイト付き)

13.5ozのデニム生地、まだ糊のついたノンウォッシュの状態。

ザラ感が思った以上にある。こんなにざらついてたっけなぁ?

記憶というのは曖昧ですな。

ウエアハウス1001XX ラストモデル(赤タブ+アーキュエイト付き)

ウエアハウスといえば、黄色耳のセルビッジ。

20年前に初めて見た時には違和感あったけど、今では見れば「ウエアハウス」というほど浸透しましたね。

ウエアハウス1001XX ラストモデル(赤タブ+アーキュエイト付き)

ベルトループはバランスの良い中高仕様。

ウエアハウス1001XX ラストモデル(赤タブ+アーキュエイト付き)

雰囲気の良いリベット。

サイドのステッチは太い番手の綿糸ですね。

ウエアハウス1001XX ラストモデル(赤タブ+アーキュエイト付き)

ボタンループの縫い付けはグレー糸。

ウエアハウス1001XX ラストモデル(赤タブ+アーキュエイト付き)

鉄ボタン周り。太さ・色、様々な種類のステッチが使われていますね。

ウエアハウス1001XX ラストモデル

以上、ウエアハウスの1001XX 赤タブのラストモデルをお届けしました。

ウエアハウスは今でも過去のアーカイブの再現をポリシーにアイテムを生み出していますが、やっぱり素晴らしいモノづくりなのですよね。

私はいつか、ウエアハウスがリーバイス本家のLVCの生産に携われるような日が来ることを、、、心から願っています。

 

ウエアハウス 1100 66モデル

ウエアハウス Lot.1100 66モデル 色落ち

2016-12-08

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ウエアハウス1001XX ラストモデル

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。