泣く泣く不採用としたデニム生地

スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

オリジナルジーンズのプロジェクトにあたり、

採用するデニム生地を先日、一つ選びました。トップの画像の13.5oz ジンバブエコットンのデニム生地です。

今日はその選考で外した生地の例を、五月雨式にお見せしようと思います。

もともと、デニム生地のオンスは13~15ozで指定して探していたので、膨大な生地の中でも、ある程度絞り込みが出来た状態でしたが、

以下のように、似たようなものから探す作業になりました。

↑13.5oz。有名な生地屋さんの作品。

昔の生地を再現すべく、生デニムの状態でも青みが強い生地でした。

↑14oz。こちらも某大手の生地屋さんのオリジナル。

弱テンションで織られており、ザラ感のある生地です。今回の最終候補の一つでした。

↑13oz。オーガニックのコットンを使ったデニム。

オーガニックのコットンだからと言って、肌ざわりに大きく影響があるわけではありません。そして、色落ちも通常コットンとほぼ同じです。

ですが、オーガニックだけあって「値段が高い」のが特徴。。。

↑今回、唯一悩んだ15oz。

ザラ感といい、染めの入り方といい、悪くはありませんでした。

↑13oz。ベーシックな生地。

ウォッシュサンプルの色味は悪くなかったが、糸へのインディゴの染めの浅さが気になり不採用。

↑14oz。数々のブランドで使われてきた有名デニム生地。

で、そのブランドのモデルの履きこみレポートをネットで見ると、、、私の好みではなかったので、候補から外しました。

↑14oz。やはり多くのブランドで使われてきた生地。

自然な縦落ちが特徴。

悪くななかったですが、染めの浅さがちょっと気になりました。

↑13.5oz。縦落ち強い生地。

悪くはなかったのですが、縦落ちが強く出る生地で、ウォッシュサンプルの雰囲気が私の好みではなかったです。

↑14oz。数々の有名なブランドさんも使っている生地。

ムラ糸の具合もかなりよく、候補の一つだったが、残念ながら在庫切れ。

 

こんな感じでした。

先日の記事の通り、今選んだデニムでサンプルを製作し、もし生地を変更したいと思った場合は、この記事に掲載した第二候補群から選ぶことになるかと思います。

オリジナルジーンズのデニム生地、決定(仮)。

2017-01-15

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。