烏城物産の縫製糸から、デニムシャツに採用する糸を再考中。

烏城物産の綿糸・コアスパン糸
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

オリジナルジーンズ:Cherokeeでは、ヴィンテージのような自然な退色(色落ち)を見せる「烏城物産の綿糸」を選びました。

烏城物産とは、世界に評価されるジャパンデニムを支える、縫製糸で有名なメーカーさんです。

烏城物産の綿糸・コアスパン糸

こちらが烏城物産さんの、糸見本帳。

バッと開くと、こんな感じ。

烏城物産の綿糸・コアスパン糸

萌える!

ジーパン好きな人は、この糸見本帳だけでご飯3杯は楽しめマス(^^)

烏城物産のプロダクトのこだわりは、綿糸の「染め」

ただ発色という意味だけでなく、着用〜洗濯を繰り返した末に見せるヴィンテージ特有の糸の「経年変化後」の色の表現に並並ならぬこだわりをお持ちです。

ジーンズの綿糸の烏城物産

膨大な糸のサンプルが添付されてる糸見本帳には、染めと経年変化に関する情報がたくさん掲載されていまして、とても分かりやすいのです。

「この糸は、洗濯するとどんな色に変化していくよ」とかですね。

そんな「縫製糸」の経年変化を楽しもうと、Cherokeeでは烏城物産がヴィンテージを元に開発した2色の綿糸のフラッグシップモデルを並走して使う箇所をいくつか設けました。

cherokee(CRK018)

このように、バナナイエローとオレンジの烏城物産の綿糸を同時に使うことで…

Cherokee(私物) 色落ち・経年変化

経年変化後、退色していくうちに2つの糸の色が近づき、立体感のあるグラデーションの表情を見せてくれています。

で、今企画を進めている、半袖デニムシャツ

denim shirt

こちらも当然、烏城物産の綿糸から選んでおります。

ただ、このデニムシャツに採用するデニム生地の再考を視野に入れる中で、当然この縫製糸も再考の必要があります。

納得するまでやろう。オリジナルのデニムシャツ用のデニム生地選定『色落ち比較シート』制作

2018.09.15

やはり、デニム生地と糸の相性・見え方の違いって小さくありませんからね。

烏城物産の綿糸・コアスパン糸

一時期、候補にあげていたのは、この「白(キナリ)」。

この糸は経年変化するとより白っぽい色味になってくるとか。

烏城物産の綿糸・コアスパン糸

同じイエローでも、退色の変化の種類が違う「イエロー」もあったりして、選択肢が多すぎて悩みに悩む…。

烏城物産の綿糸・コアスパン糸

色々考えたけど、やっぱりこのへんの色味に戻ってくる感じ?

もう少し考えを張り巡らします。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
烏城物産の綿糸・コアスパン糸

オリジナルジーンズ、Online Storeにて限定数量発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。