そろそろ、アロハが気になる季節ですね。【SUN SURF 2018新作】(サンサーフ)

aloha shirt
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

春が近づくと、新作のアロハ(ハワイアンシャツ)が気になります。

なぜなら、本格的な夏が来てからでは既に人気の柄のアロハは売り切れている事を体験的に知っているから。

今、アロハと言えば知名度抜群、東洋エンタープライズの『サンサーフ』ですが、例年、夏到来を待たずしてTwitterのタイムラインやインスタには続々とライバル達によるサンサーフの新作の購入報告が流れてくるのです。

だから春の訪れは、新作のアロハシャツを一足先に物色し、購入を検討するベストシーズンであると、私の中で焦りにも似た感情が芽生える季節なのです。

春は、アロハを物色しよう

サンサーフ2018年新作

そんなサンサーフのアロハ(ハワイアン)シャツ、2018年の新作が徐々に店頭に並び初めています。まだ数型ですが、間も無く新作リリースも加速してくるでしょう。

現時点でリリースされているものをご紹介します。

“DREAMS AND PINEAPPLE”

パイナップルを大きく配置したこのデザイン、よく見るとパイナップルの中にフラガールなどが描かれていて、ちょっと不思議なデザイン。

ディテールとしてはレーヨン素材、開襟、ココナッツボタンと、いわゆる「アロハシャツ」と呼べるベーシックなもの。

価格は9,800円(税別)。

“FLASHING KING PROTEA”

マウイ島のシンボル、キング・プロテアが全面に描かれた作品。レーヨンのボディ、柄合わせのポケットに練りボタン。1枚持っていれば一生着倒せる、ザ・ベーシックな存在です。

価格は9,800円(税別)。

“THE SONG OF HAWAII” 

非常に細かい柄ですが、よく見るとダイヤモンドヘッドや、フラガール、アロハタワー、サーフィンなど、ハワイの見所をぎゅっと詰め込んだイラストが描かれています。

色味が特徴的で、80年代にアイドル達が来てたシャツの柄を個人的には連想させます。今のトレンドに合っているので、若いファッショニスタがこれを着るとかなりカッコ良いのではないでしょうか。

ディテールはレーヨン素材、ココナッツボタンと、こちらもサンサーフらしく抜かりなし。

価格は9,800円(税別)。

カタログ(新作一覧)が出てから、動き出そう。

現時点(2018年3月26日)では、リリースされているのは上記3型。例年であれば、間も無く雑誌のライトニング等でも新作の全てが掲載されるだろうと思います。

サンサーフの公式でウェブカタログがアップされるのは、その後かな?

それまでは、新作の購入は待っても大丈夫。

情報がリリースされたら、ご贔屓のお店で早めにマイサイズを購入&購入予約するのが「吉」ですね。

尚、私は最近、サンサーフ以外のアロハブランドも物色中。

なんとなく私たち日本人のアメカジファンとしては、アロハと言えばサンサーフ、という認識になっていますが、もう少し視野を広げれば、優良なアロハをリリースするアメリカブランドが実に多いことに気がつきます。

アロハに関しては私はまだまだ勉強不足なので、良いものに巡り会えたら、また情報共有させて頂こうと思います。

新宿のジャンキースペシャルで行われたサンサーフ主催のヴィンテージアロハ展の様子も併せてどうぞ。

ヴィンテージアロハシャツ展

『ヴィンテージアロハシャツ展』新宿で開催中(6月3日〜25日&7月1日~17日)

2017-06-10

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
aloha shirt

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。