革パッチに入れる品番やサイズ表記のスタンプをオーダーする。

革パッチ用のサイズスタンプ制作
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

aiirodenimworks-cherokee-crk018

本日は、

革パッチに入れる、品番やウエスト・レングスサイズのスタンプをオーダーしようと思います。

ジーンズの革パッチ

騎兵隊とインディアンが握手をしたデザインをモチーフにした大型の牛革パッチ

このLOT 及び W / L のところに押す、アレですね。

このスタンプ、だいたいどうやってるのか? というのは想像できましたが、

改めて株式会社協同の安田部長に、メーカーさんが通常使う方法も含めて色々教えて頂きました。

このスタンプ、作り方には主に3種類あります。

革パッチのLOT & SIZE表記スタンプに関して

①既製品の連結型スタンプを使い、不滅インキで手押し

革パッチ用のサイズスタンプ制作

ポピュラー且つ、最もコストがかからない方法。

既製品で、英字と数字のスタンプをブロックのように組み立てられるものがあります。

それを使って、不滅インキで革パッチに手押しする、という方法です。

この良さは、既製品のためコストが安く、

ほとんどの商品にも対応できる汎用性が高いことにあります。

革パッチ用のサイズスタンプ制作

こんな感じです。 色々なブランドさんで、よく見るタイプです。

手押しなので、大量生産には向いてません。

あと、既製品のセットには数字が1つずつしか入ってないので、例えば「33」という数字や

「XX」などの英字を重ねて入れる場合、2セット買わなければいけないので、意外に無駄が発生します。

そのこと以上に、

私はこの方法で作った際の微妙な文字間のずれ、そしてフォント幅の違和感が気になりました。

②オリジナルフォントのスタンプセットを作成し、手押し

革パッチ用のサイズスタンプ制作

引用:https://www.minna-hanko.jp/original-stamp/black

これは、スタンプをオーダーメイドし、あとは①と同じように不滅インキを使って革パッチに手押しする、という方法です。

このメリットは自分が意図した通りの字体・デザインのスタンプが出来ること。

デメリットはコストが比較的高くつく(30、31、32などサイズ表記の数だけオーダーメイド)ということと、

LOT番号に関しては使い回しが効かない=品番の数だけオーダーメイドが必要になる、という点です。

また①と同じく手押しなので大量生産には向いてません。

尚、この①②の方法では「不滅インキ」を使って、革パッチに手押しします。

この不滅インキというのは油性であり、通常のハンコ(オレンジ色の印面)は油性に弱く、長持ちしません。

そこで、必ず耐油性の黒ゴムのハンコと呼ばれるものを使うことが大切です。

③オリジナルフォントの樹脂版を作製し、機械押し

この方法は大量生産する必要があるメーカーさんに向いている方法。

樹脂版を機械にセットし、ガチャガチャとパッチにスタンプしていくものです。

②と同じく、意図したデザインが作成できます。

文字の数だけ樹脂版の制作が必要なのでコストが高くつきますが、

生産効率が高いので、数多く作るブランドさんとしては結果安くなる方法でしょう。

ということで、私が予定するオーダー数や予算、作りたいものを勘案し、

「②オリジナルフォントのスタンプセットを作成し、手押し」を選択することにしました。

オリジナルフォントのスタンプセットを作る

イラストデータを作成する

それでは、イラレでデータを作っていきます。・・・と言っても、簡単です。

サイズは数字だけですし、品番もシンプルな英字と数字の組み合わせですから。

ただ、こだわるべきは、そのフォント

はた目で見るとどうでもいい、細かい部分ではありますが、

これまでCherokeeのために積み重ねてきた、コダワリの延長です。

ジーンズの世界観、革パッチのデザインから外れないフォントを一つ決めます。

今回は色々と見比べた結果、「Kefa」というフォントを使用。

革パッチ用のサイズスタンプ制作

尚、このスタンプの文字サイズは通常(リーバイスタイプのもの)、タテ4~5mmです。

そのサイズに合わせてデータを作成します。

同じく、品番も。

データを入稿しオーダーする

革パッチ用のサイズスタンプ制作

引用:https://www.minna-hanko.jp/original-stamp/black

重要なのは上で述べたように「不滅インキ」を使うため、黒ゴムのハンコをオーダーできる業者さんを選ぶことです。

今回、オーダーをお願いするのは、ネットで見つけた、オンラインで注文可能な「みんなのはんこ屋」。

全てのサイズ+品番、オーダーで合わせて1万円くらいです。

ご参考になれば、幸いです。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterとInstagramもフォローください。

Instagram

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
革パッチ用のサイズスタンプ制作

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。