ジーンズのポケットのスレーキに入れるデザインを考える①

ジーンズのスレーキ
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

オリジナルジーンズのプロジェクト。

ポケットのスレーキに入れるデザインに関して、

ジーンズのスレーキの生地にデザインをプリントする方法

2017.01.26

この前回からの続きです。

ジーンズのポケットのスレーキに入れるデザインを考えるにあたり、

ベースとするべきサイズをどうしようか、と。

で、サンプルのスレーキを測ってみたいと思います。

デザインの土台のサイズを測る

ジーンズのポケットスレーキ

幅は狭いところで13cmほど。

ジーンズのポケットスレーキ

高さは10cmほど。

デザインを入れるスタンプの余白部分なども勘案し、

【ヨコ10cm×タテ8cm】のサイズであれば余裕を持てそうです。

ヨコ10cm×タテ8cmのハンコは“特注サイズ”になる

オーダーメイドのハンコを作ってくれるところは、ネットで探せば沢山出てきます。

サイズやデザインも自由にできるところ、あるのですが、

ヨコ10cm×タテ8cmとなると、「特注サイズ」になり高くなります。

簡単に調べた範囲だと、1万円とか出て来ますね。。。

高くはないけど、安くもない。

悩ましいですね。

もしデザインを外注するのであれば、その費用も乗ってきますから。

ハンコを自作する、という手もある

ハンコといえば「消しゴムハンコ」なるものが若干流行ってますが、

あれは作るのは比較的簡単ですが、耐久性が悪いので、

今回のように何度も使う場合は適切ではありません。

一方で、「ゴム版」というものを使って制作する、というのもあります。

いずれにせよ、複雑なデザインであれば自作なんて考えず、業者さんに発注した方が早いですが、

シンプルなデザインあら、自作するという選択肢は残ります。

とりあえず、次のステップで、オリジナルジーンズのコンセプトに合うデザインを考えてみたいと思います。

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ジーンズのスレーキ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。