タイで最も親しまれているデニムブランドと言ったら?? 多分コレ→『Mc Jeans』は国民的なブランド。

mc-jeans
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

トコロ変われば、ジーンズも変わる。

私はこのブログでタイのアメカジショップ「PRONTO DENIM」のことを頻繁に記事にしていますが、そこで取り扱われるmade in Japanのジーンズ達は日本からの輸入ということもあり、店頭での販売価格は日本の定価の大体1.2~1.5倍ほどです。

PRONTO DENIM BANGKOK

首都バンコクの平均月給の半分もするジーンズがばんばん売れているのは驚きですが、購入者はやはり限られた一部の方であり、決して「マス」で売れている訳ではありません。

では、タイで一般的に最も穿かれているジーンズって、どのブランドか?

リーバイス? GAP?

いえいえ。

その答えは、Mc jeans

mc-jeans

Leeとラングラーを足して割ったようなイメージ??の、タイのローカルアパレルブランド。その歴史は40年と長く、タイでは非常に知名度があります。

タイ国内の販路は非常に広く、主要なショッピングモールは勿論、ホームセンター的なところまで多くの小売店で見かけることができます。

mc-jeans

Mc jeansの名の通り、ジーンズを核にしつつトータルのラインナップを揃えるので、まさにリーバイスやLeeなどをイメージして貰えると分かりやすいかと。

タイのローカルブランドらしく、タイのトレンドをガッチリ抑えたラインナップ(色味やスキニーなどのシルエット)、そしてタイの方にも買いやすい価格帯(ジーンズで5,000円台)で揃えていることもあり、若い方の間でも非常に人気があるのです。

作りもそれほど安っぽくなくて、リーバイスやLee, Wranglerと同じレベル。

そして目印は、このヒップポケットのキャッチーなステッチ。

mc-jeans

ブランドの頭文字の「M」がモチーフでしょうか。バンコクの街を歩いていて、このステッチを見かけない日はありません。

ブランドのイメージ作りも上手く、値段も安く、トレンドも抑えてるし、品質も悪くない。

若くてかっこいい&可愛いタイ人の方々が街中でこれを穿いているので、このステッチのジーンズがカッコよく見えてくるから、不思議

これ、日本で穿いてたら意外に目立つかも知れませんね。「それ、どこの?」って。

 

今日は、そんな海外のジーンズ情報をお届けしました。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
mc-jeans

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。