レッドウイングの2019年春夏情報??アイリッシュセッター・チャッカ『#850』が復刻か?[#9852/#9853](RED WING)

アイリッシュセッター・チャッカ『#850』
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

通常、レッドウイングの新しい春夏(今でいえば、次の2019SS)の情報って年明けくらいに「ポロリ」と漏れてくるものなのですが、年の瀬前の今、ひょんなところからこんな情報が…

レッドウイングの2019年春夏にて、アイリッシュセッター・チャッカ『#850』が復刻するらしいと。

まだオフィシャル発表ではなく真意の程も不明な情報ですが、現時点で噂されている内容をお届けします。

アイリッシュセッター・チャッカ『#850』の復刻の噂

現在の2018年シーズンでもレッドウイング・ジャパンは短靴を積極的にリリースしており、10年前まではあまり市場で認識されていなかった「レッドウイングの短靴カテゴリー」をここ数年で根付かせてきた印象があります。

そのレッドウイング・ジャパンの次なる一手が、これ。

ワークブーツと短靴の間をとった、チャッカ。

アイリッシュセッター・チャッカ『#850』 アイリッシュセッター・チャッカ『#850』

 

過去、わずかな年数しか製造されなかった「アイリッシュセッター・チャッカ #850」を、当時のカタログを元に復刻リリースするとの情報です。

日本人の足にも馴染みやすいと評価の高いラウンドトゥの木型(8番ラスト)が採用されるそうで、くるぶし丈のアッパー、クレープソールの歩きやすさと相まって、かなりタウンユースとして実力の高い一足になりそう。

カラーは【ゴールドラセット・セコイア】(品番:#9853)と、

アイリッシュセッター・チャッカ『#850』

茶芯の【クローンダイク】(品番:#9852)

アイリッシュセッター・チャッカ『#850』

 

人気素材の筆頭2種をラインナップしてくるところが、またニクい。

そして、ベロタグも1950年代の犬刺繍を再現との噂。

短靴の持つ軽快さと、ワークブーツの機能とルックス、そして経年変化の楽しさを併せ持った靴だと言えるでしょう。

夏場にだってレッドウイングを楽しみたい、でもクラッシックワークはちょっと蒸し暑い…と思っている人にとっての「最適解」になるはず。

これまで似たモデルとしてワーク・オックスフォード / ラウンドトゥがありましたが、くるぶしが見えてしまうルックスが苦手な人も多かったことでしょうし、もしこれが実際に春夏で発売されるなら高い注目を浴びるはず。

この情報が正式なものなのか? 正式なものだとすれば情報解禁される日がいつなのか?現時点では未定ですが…

ファンとしては楽しみに待ちたいですね。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
アイリッシュセッター・チャッカ『#850』

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。