『ライトニング 2018年1月号』この時期、ファッション誌はスナップに頼りガチ(Lightning/エイ出版)

ライトニング 2018年1月号
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

月に一度のお楽しみ、月刊Lightning(ライトニング)が発売されています。

さて、この12月近辺の時期は、どのブランドさんも秋冬の新作が出尽くした後ですし、

次の春夏物を紹介できるような季節でもなく、イベントも少なく・・・

ということで、ファッション誌の誌面の内容が薄くなりガチ。

その結果、やたらと「ストリートスナップ」頼りの誌面構成になりガチな時期でもあったりします。

最新号のLightning(ライトニング)も、今月はスナップ。

先月は良い記事が多かったのですが、

ライトニング2017年12月号 vol.284

『ライトニング 2017年12月号』、実は「革ジャン」特集でした(Lightning/エイ出版)

2017-10-30

果たして今月はいかに?

 

ライトニング 2018年1月号 vol.285

ライトニング 2018年1月号

 

という訳で、今号の特集はスナップ。

ストリートスナップではなくアメカジ系ショップスタッフのスナップ、言い換えれば、それらのブランドの着こなし例の特集、と言えるでしょうか。

 

正直、ストリートスナップって、読者的に退屈でつまらない部類の記事だと思います(ぶっちゃけ)。

基本は流し読みしつつ、かっこいいなと思うスタイルがあれば、それだけ見て参考にする程度。

 

ただ、今回はショップスタッフのスナップ

しかも、こんな感じで一枚ずつ。

ライトニング 2018年1月号

スタッフさんのお勤めになるショップには当然、今、打ち出したいアイテムがたくさんあるはずですが、その中から着こなし例を「1つだけ」ピックアップせよ、というのは、結構酷な話ですよね。

他のショップ・ブランドスタッフよりダサい格好はしたくないし、

しかし在庫が多くて早く売りたい商品を着こなしに組み入れないと・・・みたいな、そんな駆け引きというか思案があるのかな・・・?

と想像しながらこのスナップを見ると、

スナップを撮られるスタッフの皆さんの苦労が少々感じられて、別の楽しみ方があると勝手に思っています(笑)

 

そのほかに、ホリデーシーズン向けのギフト特集なんかもありましたが、先週末に開催されたライトニング主催の稲妻フェスティバル@お台場の話題は次号に持ち越しのようですし、

今月号は全体的に内容がぼんやり、薄くて、満足度低いというのが正直な感想。

なので、商品のリンクは今回、貼りません。

気になる方はご自身でお探しの上でご購入をご検討くださいね。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
ライトニング 2018年1月号

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。