改めて伝えたい、これは名品である。【Jackman(ジャックマン)のワッフル・ミッドネック】

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

数あるブランドの中でも、現在私がリスペクトして止まないブランドの一つ、Jackman(ジャックマン)

Jackman 恵比寿

国内自社工場で職人が作る【Jackman】のアパレルは品質・耐久性が抜群の超名作揃い。(ジャックマン/タナベメリヤス)

2018-09-16

改めて言いますが、彼らが評価されないモノづくりの世界なんて、偽善だらけの嘘っぱちだとすら心底思う、のです。

見た目はシンプル・質素ながら、その内に秘めたこだわりと技術。高いコスパ。

素晴らしいプロダクトの数々は、モノづくりフェチにはヨダレが止まらないブランド。

そのJackmanの中で、以前レビューをした、【Waffle Midneck】(ワッフル・ミッドネック)

↓↓↓

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

Jackman(ジャックマン)2018秋冬のイチ押しアイテム【Waffle Midneck】をレビュー

2018-10-14

これが、本当に良くて…。

絶賛、ヘビロテ中。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

この秋冬のワードローブのMVPはこいつ以外に考えられないほど、気に入っています。

着れば着るほど、プロダクトの良さが心と体に染みてくる。

この良さは、見るだけでは伝わらない。

着て初めて、実感することができる、そんなシャツ。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

素材、縫製、パターン、着心地。

Jackmanの真髄を味わうことのできる一着に出会えて、私は嬉しい。

そんな一着を、人知れず頬ずりしながら悶絶している私の姿を見ているハズの無い妻が先日、一人でふらりと立ち寄ったセレクトショップで購入してきたのが、まさかの【Waffle Midneck】(ワッフル・ミッドネック)の白バージョン

…コヤツ…デキる!!!

そうだよね、手に取っちゃうよね、これが店頭に並んでたら。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

女子が着ても異常に可愛い一着であることも判明。

現在、引越しの関係で私の手元に撮影機材がなく、写真で紹介できないのが非常に残念ですが、白ももちろん、良い出来。

残念ながらこの商品は、今やどの取り扱い店でもほぼ品切れ&サイズ欠けらしく、購入したくても満足に出来ないようですが、寒い冬が去る前にどうしても皆さんにお伝えしたくて。

Jackmanのワッフルミッドネック、来年もオカワリしたいくらい本当に良いプロダクトです。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。