年に1度のお楽しみ。フルカウントの大戦モデル、2018年限定版【S1111 Simplifeid WW2 Model】が予約開始(Fullcount)

フルカウント 限定2018年大戦モデル「S1111」
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

「大戦モデル」。

その魅力は、第二次世界大戦時に作られたジーンズ(主にリーバイスの501)に、大戦時の社会的背景を反映したイレギュラーな仕様がたくさん見られることの“ロマン”。残存しているヴィンテージは一点一点に希少価値が高く、年々高値で売買されています。

そんな時代に想いを馳せ、今や各ジャパンデニムブランドがその「大戦モデル」の思い思いの仕様でレプリカをリリースしているのはご存知の通り。

しかし、その「大戦モデル」のレプリカの元祖は「フルカウント」と言われています。

 

1990年代のレプリカジーンズのブーム当時、各ブランドがリーバイスの501XXの復刻に力を入れる中、最初にレプリカを通じて「大戦モデル」の魅力を世に広く問うたのが、フルカウント。

そんなフルカウントですが、決してその大戦モデルを定番化することはなく、生地やシルエット、ディテールを毎年変えて、限定版としてリリースしています。

大戦モデル=イレギュラーな仕様が魅力である訳ですし、毎年仕様を変え、数量を限定して発売するフルカウントのこの仕掛けは、非常に理にかなっていて面白いと感じるのです。

私にとってこの限定モデルの発表が、年に一度の楽しみの一つ。

そんなフルカウントの大戦モデル、この2018年モデルの情報がリリース&予約がスタートしました。

今年は一体どのようなモデルでしょうか?本日はそのディテールをフルカウントのHP情報を参考に見ていきましょう。

フルカウント 大戦モデル2018 限定【S1111 Simplifeid WW2 Model】

概要

フルカウント 限定2018年大戦モデル「S1111」

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/category/C003/S1111.html)

発表されました、2018年の限定大戦モデル。

まず、大きな特徴は14.5ozのジンバブエコットン デニムを使っている点。

そう…今回のデニム生地はいつものフルカウントの13.7ozではなく、昨年のフルカウント25周年記念モデルに採用された特別版のデニム生地の14.5ozが採用されている点にあります。

25周年だけではなく今後も使われてくることになるだろうと思っていた生地なのですが、ここできたか!

フルカウント 限定2018年大戦モデル「S1111」

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/category/C003/S1111.html)

シルエットは当時(大戦モデル)らしい、太めのストレート。それでは細部を見ていきましょう。

ディテール

フルカウント 限定2018年大戦モデル「S1111」

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/category/C003/S1111.html)

大戦モデルのディテールに正解はありません。だからこそ、各メーカーがどのようなディテールで大戦モデルをモディファイするのか、それをじっくり見るのが密かな楽しみ。

で、今作はどうかというと。

黒ラッカーボタンが採用されたボタンフライ。トップボタンは月桂樹ですが、小ボタンは無刻印のものが採用。そしていびつなV字ステッチ。

私、最近「黒ラッカーボタン」仕様が好きなので、ここだけで心がグラつく…。

フルカウント 限定2018年大戦モデル「S1111」

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/category/C003/S1111.html)

刺繍ではなく、ペイントで表現されたフルカウントの飾り。今年のモデルは随分とポケット下側寄りのペイント位置ですね。

赤タブもポケットの真ん中くらいに縫い付けられています。

ポケット自体も通常より大きめに取られており、そのせいか、バックスタイルにどっしりした印象が残ります。

フルカウント 限定2018年大戦モデル「S1111」

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/category/C003/S1111.html)

ブラックシャンブレーをスレーキに採用。これは珍しい。

フルカウント 限定2018年大戦モデル「S1111」

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/category/C003/S1111.html)

持ち出し部は切りっぱなし。

フルカウント 限定2018年大戦モデル「S1111」

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/category/C003/S1111.html)

リベットの省略されたコインポケットは、大戦モデルの中ではまだ綺麗な縫製を再現しているようです。

ステッチは全てイエローで仕上げられているようですね。

販売価格は22,800円(税別)。意外にお手頃価格。

現在は予約受付中&発売は10月初旬〜10月中旬発売とのこと。

【まとめ】記念モデルの生地を使った限定大戦モデル

フルカウント 限定2018年大戦モデル「S1111」

出典:Fullcount(http://www.fullcount-online.com/category/C003/S1111.html)

今作の大きな特徴はその生地にありますが、ディテール自体は比較的王道の大戦モデルと言えるでしょう。

上手くまとめられており、難しく考えず日常で穿ける一本だと思います。フルカウントの色落ちが好みの方は早めにチェックされるのが宜しいでしょう。

一つ、例年と大きな違いがあるのが、その販路。

今回の限定モデルは、フルカウント東京店、またはフルカウントのONLINE SHOPのみで予約&購入が可能。つまり直営ルート限定の商品となったようです。

な・・・なるほどなぁ・・・

フルカウント 東京店

住所:東京都渋谷区神宮前3丁目20−7

TEL:03-6804-6541

フルカウント ONLINE SHOP

http://www.fullcount-online.com/

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
フルカウント 限定2018年大戦モデル「S1111」

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。