エヴィスの新作ジーンズ、かっこいい。『Lot:2050T SIDE-BELT』

エビス evisu 2050T
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

海外でも抜群の知名度を誇るエヴィス(EVISU)はあのカモメステッチのアイコンのイメージが強すぎて、キャッチーなブランドのように思われがちですが、

ジャパンデニムの創世記を作り上げたブランドとしての物作りの実力は凄まじく、

日本で作り上げるジーンズのクオリティに関しては、数あるブランドの中で今でも超トップクラスにあると思います。

見れば見るほど、本当に良いジーンズってこういうことなんだろうなぁと気づかされることが多いのです。

↓↓

エヴィス 2001 No2 戎

エヴィス 2001 No.2 【戎】の色落ち研究

2017-01-09

そんなエヴィスですが、バタくさいシルエット+ペンキステッチの定番コテコテなエヴィスだけでなく、今でもシーズンごとにクリエイティブなアイテムをリリースしています。

中でも最近リリースされた『Lot:2050T SIDE-BELT』が、私はまだ実物を手に出来ていませんが、なかなか名作の予感なのでご紹介したいと思います

 

EVISU(エヴィス)『Lot:2050T SIDE-BELT』

概要

エビス evisu 2050T

出典:EVISUオンラインショップ(http://shop.evisu.jp/shopdetail/000000007886/)

今回の新作モデルですが、一言でいえば「バックル付き、ベルトループ無し」になります。

そうなると、1900年代初頭モデルの太めのアレンジのように思うでしょうが、エヴィスの新作はそれらのアーカイブに対して大きなアレンジを加えてきました。

これが、カッコいい。

エビス evisu 2050T

出典:EVISUオンラインショップ(http://shop.evisu.jp/shopdetail/000000007886/)

まずシルエットですが、いわゆるエヴィススタイルほどのバタくささはなく現代的なシルエットになっています。

ポケット位置も高いし、ヨーク部分も浅いく、ひざ下にかけてテーパードのきいたもの。

様々なスタイルにマッチする、かっこいいシルエットです。

バックポケットも大きめ&スクエア形状で、スタイリッシュな感じです。

エビス evisu 2050T

出典:EVISUオンラインショップ(http://shop.evisu.jp/shopdetail/000000007886/)

そして今作の大きな特徴が、この両サイドにつけられたベルト。

針無しのようですが、シンチバック同等の雰囲気を醸し出しているディテールです。

革パッチは腰のセンターに取り付けられ、その上にサスペンダーボタンが設置。

代わりにベルトループがありませんから、サイドのベルトで絞って着用するか、またはサスペンダーを装着して穿くスタイルになります。

ベルト無し&サスペンダー無しでも、意外に穿きやすいと思いますよ。

エビス evisu 2050T

出典:EVISUオンラインショップ(http://shop.evisu.jp/shopdetail/000000007886/)

うわ、なんかこうやってみると、ボタンだらけですが・・・。

ありそうでなかったデザインと仕様。

こういうのをエヴィスに作らせると、本当に上手い。

 

まとめ

ちょっとしたアレンジのように見えますが、誰も思いつかない&且つ実用性もある、クリエイティブに溢れた新作です。

私なら今、あえてペンキステッチなしで、サスペンダーを引っ掛けて穿く。

めちゃめちゃ格好いいと思います。

私の今年一発目のジーンズ購入候補はこれで決まり。

エヴィスは近年、このモデル以外にもエヴィスらしさ+スタイリッシュなアイテムが増えていまして、また面白そうな匂い。

私もこれを機に、今年はエヴィスさんを集めたいなぁと思っています。

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
エビス evisu 2050T

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。