定番がリニューアル【デラックスウエア DX066B】が気になる。(DELUXE WARE)

デラックスウエア ジーンズDX066B
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

久しぶりに「これ欲しい」と思えるジーンズです。

デラックスウエア ジーンズDX066B

DX066Aが廃盤になり、新定番へ。

これまでも、自社に工場を要するブランドらしく、質にこだわったモノづくりを続けるデラックスウエア。

そのデラックスウエアの代表の村松氏が理想を追求したジーンズとして

これまでリリースしていた定番【DX066A】を廃盤に。

そして、そのアップデートモデルとして【DX066B】を今月リリースしました。

使えそうな写真が無いので、、、

【DX066B】の詳細はこちらのオフィシャルブログの記事、または以下のFBページをご覧ください。

 

はきごたえのあるデニム” というコンセプトでデニム生地そのものをアップデートしたそうです。

若干細身に修正、さらに赤タブ付きでとなれば、、、

1本持っておけば、かなり長く楽しめることでしょう。

DX066Bのスペック

以下、オフィシャルブログからスペックを抜粋。

『DX066B(1940S ORIGINAL PIPED STRAIGHT)』

インディゴ染料濃度30%UPし理想の素材感・濃紺色にてDX066Aよりマイナーチェンジ

■上代:¥23800(税抜き)

■オリジナルヒートデニム 13.6オンス

■アメリカメンフィス産コットン 100%

生地のオンスといい、ツボを心得たスペックです。

村松代表による商品紹介

この商品に関するデラックスウエア 村松代表のコメントは以下のyoutubeチャンネルからも拝見できます。

尚、デラックスウエアは秋田に自社工場あり

そう、岡山ではなく、「秋田」。

そういえば、東北もジーンズの生産は有名なのですよね。

この【DX066B】、初回生産限定でオリジナルラバーキーホルダーも付いてくとのこと。

どこで買えるのか???は、、、「DX066B」と検索ください。

このDX066Bの新デニム生地、濃い染めなので色落ちさせるのはなかなかに手強そう。。。

それゆえに、色落ち後の姿が楽しみですね〜。

本日もご一読、誠にありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
デラックスウエア ジーンズDX066B

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。