【8DC-46SP】の制作&ムービー撮影が完了、そして大雨の影響で滋賀県から出れなくなる…。

8DC-46SP CONNERS SEWING FATORY
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

4日間の日程で行われた、CSF(CONNERS SEWING FACTORY)における【8DC-46SP】の制作およびムービー撮影。

8DC-46SP CONNERS SEWING FATORY

本日、全行程終了しました。CONNERS SEWING FACTORYの小中さん、そしてスタッフのみなさま、貴重なお時間を頂戴し、誠にありがとうございました!

8DC-46SP CONNERS SEWING FATORY

小中さんが作り上げたジーンズ、やはり最高にカッコ良いものになってますよ。

あとは私の映像編集作業を残すのみ。

現地で撮影したムービーは全部で20名分、合計30時間ほどの量。これを細かく編集するのは私にとって大きなチャレンジ。新たな成長ができるチャンス。いいもの作りますから購入された皆さま、お楽しみに!

8DC-46SP CONNERS SEWING FATORY

この制作作業の最中、CONNERS SEWING FACTORY小中さんから沢山のお話をお伺いすることが出来ました。ちょっと書けない内容が多すぎて残念ですが(笑)

彼らが次に目指すコト・モノのスケールの大きさ。「やばい」という一言。業界の常識を次々と覆してきた彼らに並ぶものは、これからも出てこないでしょう。

8DC-46SP CONNERS SEWING FATORY

現在、新しい生地開発のための研究を機屋さんと続けておられる様で、そちらも楽しみです。

そんな生地に関するお話で印象的だったのは、染めや織りが良いのは当たり前であり、本当に経年変化の美しいジーンズを作ろうと思えば「ミシンを走らせた時の糸の生地への食い込み具合・馴染み具合」まで見ていく必要がある、と。

こだわりが尋常ではない彼らが作り出す新生地。期待しない方が、無理!

8DC-46SP CONNERS SEWING FATORY

余談ですが、全国的にニュースになっている大雨の影響で、滋賀県全域の電車が終日運行見合わせ、高速道路も通行止となり、私の地元の三重県に帰ることができず、狼狽しました。

「滋賀県・脱出」がtwitter上でもキーワードになってたのですが、多くの人が滋賀県から出ることが出来ず孤立。

滋賀県→三重県ってお隣の県なのですが、唯一動いていた新幹線を使って大きく迂回ルートを取り、時間はかかりましたが無事に戻ってこれました。

 

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
8DC-46SP CONNERS SEWING FATORY

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。