最近、タイのアメカジ業界では、まさかの「ブーツ」推し。。。

スポンサードリンク

まだまだブームの続くジャパンデニム in タイ。

 

過去の記事→「タイで盛り上がるレプリカジーンズ事情」

 

ヘビーオンス、スキニーカットのセルヴィッジがやたら売れるという、

亜熱帯のタイとは思えないムーブメントに

誰もが驚きます。

 

私も、とにかくジーンズ好きですけど、

 

・・・無理、絶対無理。 

 

このタイで、

ビッチビチのザラザラのタイトは履けない。。。蒸れるし、不快すぎる。

 

しかし現に、日に日に、高級ジーンズをまとった若者が増えていくのを

街中で感じることができます。

 

真のファッションというのは、

快適性は二の次、我慢のカルチャーということなのでしょうか。。。

 

 

そんなタイで

次に仕掛けられているのが、、、

まさかの、

 

ブーツ。

 

14231846_10154459485342442_3895148057392781022_o

 

例のPronto Denim (タイのアメカジチェーン店)では

Red wingをはじめとして、各社の品揃えが充実し、

最近ではブーツのリペアも打ち出しています。

 

本気です。

彼らはこのタイで、ブーツのムーブメントを起こそうとしているのです。

 

 

常識的に考えると、

いや、これこそ、本当に無理ですよ。

 

タイは外気は暑いから、足元が蒸れるのは当たり前。

 

そしてスコールやらも多く、

バンコクの都心部でも道路が冠水することも多々あるので、

これ、ブーツとか履いてたら、ケア大変じゃね?

 

ってことですが、

そんな常識は、ファッションには関係ないのでしょう。

 

バンコクの街中で

ブーツ姿の若者を見る日が来るのも近いかもしれませんね。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。