タイで盛り上がるレプリカジーンズ事情

スポンサードリンク

タイではRAW DENIM、

いわゆるレプリカ系・生デニムというカテゴリーのジーンズが

今、大変な人気なのです。

 

Warehouse、SAMURAI、Flatheadなどの日本のメーカーのものが多く、

価格は日本の1.2倍〜1.5倍、

 

これはタイ人の1か月分の給料に相当するレベルなので、

とんでもなく高いのですけど、

 

今、それを扱う店舗が首都バンコクで広がっています。

 

その中でも大成功を収めているのがPronto Denim.

 

数ある支店、

品揃えは日本のアメカジショップと引けを取りません。

 

 

しかも、かな〜り家賃がお高い高級ショッピングモールばかりに出店しています。

 

日本以上に盛り上がるこのタイのマーケットで

各ジーンズメーカーも力を入れているのか

かなり頻繁に、限定別注モデルを投入しているんですよ。

 

日本ではお目にかかれない

桃太郎ジーンズ、

SAMURAI もいくつもありましたし、

 

日本でも別注をやっている印象の少ない

Warehouse、Fullcountの物も見かけました。

 

これらの限定モデル、

機会があったらご紹介できればと思います。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。