パターンの作り方

スポンサードリンク

ジーンズのシルエット、ディティールを決めた後は、

そのサンプルを作るための裁断の指示書

→「パターン」を引くことになります。

 

出来上がったサンプルを見て、

必要に応じてパターンの微調整 →生産品に活かす流れですね。

 

ジーンズのパターンを作る、

と言っても、

素人に手が出せるものであるはずもありませんから、

プロの方にお任せする訳ですけど、

 

コンピュータのソフト(CAD)を使って描くのが

今は多いようですね。

 

Youtubeで検索してみると、

スケールを使いながら手書きでパターンを作っている様子を見つけたので

思わず、見入ってしまいました。

 

業界の方にとっては当たり前の、見慣れた風景かと思いますが、

私にとっては大変、新鮮です。

 

 

 

現場ではこういうことをやられているんだ、、、

と思いを馳せています。

 

ジーンズのパターンって比較的直線が多いのですね。

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。