シンチバック〜古いディティールでゾッとした話

スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

aiiro denim works online store

古い、

特に戦前のジーンズ・ジージャンのディティールの一つとして

シンチバックがありますね。

 

ウェスト調整のための機能でしたけど、

今ではただの飾りですね。

 

これを絞ってジーンズ・ジージャンを着用すると

腰部分のシルエットが崩れて

逆にカッコ悪いですから。。。

 

このシンチバックには

二本針のものと、針なしのものがあります。

 

例えばLevi’sならば、

二本「針」のものは大まかに戦前〜戦中までの仕様のようです。

 

詳しい方はご存知のとおり、

シンチバックの針って、本当にごっつい針なんですよね。

 

この記事のトップ画像は

私の私物の、着込んだFlat headのジージャンの1stモデルです。

針が二本、突き出ています。

 

細かくヴィンテージのディティールを再現する日本のメーカーさんでも

今ではPL法のおかげで、この針が飛び出している仕様をそのまま再現して

販売するのは難しそうですが、

 

「着用前にこの部分をカットしてください」というような文言を入れて

販売しているメーカーさんもありますね。

 

で、「過去のディティールをそのまま再現しているもの=素敵な商品」

と、脳死状態で考えていた私は、

ジージャンを購入する際に、

二本「針」のシンチバック付きのアイテムを選んだのです。

 

ところが。

 

ある休日、このジージャンを着用して知人の自宅に招かれた際に、

座らせてもらっていた、高級そうな革張りのソファ。

 

ふと気がつくと、

シンチバックが当たるソファの背もたれの部分に

その跡が!!

 

穴は?、、、空いてない。セーフ!

が、跡がまだ残っている。

 

このまま座り続けていたら、

きっと穴を開けてしまっていたに違いない。

 

ゾッ。。。

 

動くことすらままならない満員電車に遭遇した際も

その降り際に、誰かに引っかからないように

ものすごく気を使う(←満員を察知したらまずジージャン脱ぐ必要あり)。

 

それに、ちょうどこの腰のあたりって、

子供の目線に近くて。。。

 

自分の子供だけでなく、

人様のお子様の顔や目を傷つけかねないんです。

 

昔のディティールが全て、格好いいと思っていましたが、

このシンチバックの針仕様は、私はもういいです。

 

意図していないところで、人様に迷惑をかけたくないので。

 

オリジナルのジーンズの仕様を考えるにあたり、

 

過去のディティールを

極端に追いかける必要は無いと思いましたね。

 

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。