オリジナルデニムを企画し生産するまでの予算は?(その2)

スポンサードリンク

前回の続きです。

 

オリジナルデニムを作る際に

予算を決める上で重要な「最低生産本数」は

当然 お願いする縫製工場次第なのですが、

 

セルヴィッジのデニム生地1反=20本くらい生産できるとして、

2反=40本くらいが 縫製工場の最低生産数と思っておいたほうが良さそうです。

 

1反だとお断りされるケースがあるとのことなので。

 

Processed with VSCOcam with g2 preset

 

この時点での概算の予算を

Union Garmentの吉田氏にアドバイス頂きました。

 

条件はざっくりと、

 

1)最低生産本数 > 40本(仮)

2)生地 > 生地屋さんの持っているデニムから選ぶ

3)副資材 >ボタンとリベットとスレーキはアリモノから選ぶ
>革パッチとピスネームはオリジナルで作る

4)縫製代 >概算で平均的な縫製工場の見積もりを念頭に計算する

5)その他 >パターンは専門家にお願いする
>革パッチのデザインは自分で手配する

 

この条件での概算の予算は・・・

 

「だいたい、100万円。」 

 

とのことです。

 

これを高いと思うか、安いと思うか・・・?

 

100万円といえば、

 

Full countやWarehouseやサムライジーンズや桃太郎ジーンズ、

50本近くの、私の一生分に値する、

好きなブランドの、好きなモデルが買える値段です。

 

ちょっとした新車も買える値段です。

 

が、私は正直、「安い」と思いました。

 

お金を持っているとかではありません。

 

抱き続けた「夢の実現」のためのお値段として考えると、

その100万円 稼ぐために必要な労働の対価としては

安いと思ったのです。

 

自分は車などにお金をかけることもしてないし、

飲みに行くことも少なく、

ゴルフなどもしないので、、、

あまり自分の趣味にお金を使っていないのもあります。

とはいえ、ジーンズは買ってますけど(汗)

 

その背景を説明すれば、

家族(妻)を説得することも、できるはず!!

 

(↑ 妻帯者がオリジナルジーンズを企画するにあたり、

絶対にやっておかなければならないことの一つです。

家族からも応援してもらいたいですしね。)

 

これは前進するしかないでしょう!!!

 

ちなみに、フロントボタン(大小2種類)ですが、

これも、できれば当然オリジナルをやりたい、という希望がありますが、

1型 35万円くらい。。。

 

ボタンは2つのサイズがあるので、2つで70万円。。。

 

これが上記の予算にプラスオンしてきます。

なので、これはちょっと・・・後で考えます。

 

今回の条件をもとに、

今度はオリジナルジーンズのコンセプトと

より具体的な仕様に落とし込んでいきたいと思います。

 

 

Overbit

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。