オリジナルの赤タブ(ピスネーム)を作ってみよう:その④

スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

オリジナルのタブ(ピスネーム)が、遂に出来上がってきました。

想っていたものが形になった…感無量です。

それでは【AiiRO DENIM WORKS】、オリジナルの赤タブをご覧ください。

th_bw6a9350

ベース:レーヨン100%・平織り・朱赤

刺繍:ポリエステル・白

サイズ:縦 15mm(横幅は25mm+〜)

質感、如何でしょう。色味、文字の立体感、仕立ての美しさ。非常に綺麗に作っていただけました。

最初の「A」の文字の中の点が、刺繍が難しくて潰れてしまうかもと言われていたのですが、しっかり再現していただけました。

職人さんに、感謝です。

th_bw6a9345 th_bw6a9340

背景の生デニムとの色味のバランスも良いです。

これから洗濯による退色テストなどを行って見たいと思います。

尚、今回のオーダー枚数は500枚でした。これでも、個人利用ですからめっちゃ余ります(笑

以下、オーダーと見積もりの詳細です。

オーダー枚数:500枚(最低オーダー数。UNION GARMENTさんのオーダーに乗っからせて)
単価:120円
型代:12,000円
小口代(オーダー数が少ないので):9,000円
トータル:税込87,480円

もちろん、業者さんによって全然お値段が違います。このお値段を出しても作っていただけないところもあるでしょう。

最低オーダー数に関しては、これはUNION GARMENTさんのオーダーに乗っからせて頂いてこの数字だったのですが、おそらく通常でしたら1,000枚と言われたのかな、と予想します。

120円という単価ですが、きっとこれ、すごく高い方かと思います。

以前に、15円くらいか?いうUNION GARMENTさんからのお話があったほどですので。

私は業界の相場観がわかりませんし、私のオーダー数が少なかったので交渉の余地もないでしょうし、わがままを聞いて生産を頂きましたから、全く不満もありません。

逆に、今後もこの値段は高くなる可能性もあります。先日お話した通り、どんどん生産できる業者さんが減ってきているためです。

ですので、価格はあくまでも参考値として見ておいてください。

参考までに、リーバイスのヴィンテージのタグを拡大すると、こんな感じです。

levis-small

比べても遜色の無い出来だと思います。

今回、生産頂いた職人さんの技術に敬意を評すると共に、

知識のない私にピスネームの知識をゼロから教えて頂き、生産管理まで行って頂くなど多大なるご協力を頂きましたUNION GARMENTの吉田さんに感謝申し上げます。

以上、インディでした。

本日もご閲覧、ありがとうございます。

↓本日の内容の関連記事はこちら↓

オリジナルの赤タブ(ピスネーム)を作ってみよう:その③

2016.11.06

オリジナルの赤タブ(ピスネーム)を作ってみよう:その②

2016.11.05

オリジナルの赤タブ(ピスネーム)を作ってみよう:その①

2016.11.04

 

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて限定数量発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。