オリジナルの赤タブ(ピスネーム)を作ってみよう:その④

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

オリジナルのタブ(ピスネーム)が、遂に出来上がってきました。

想っていたものが形になった…感無量です。

それでは【AiiRO DENIM WORKS】、オリジナルの赤タブをご覧ください。

th_bw6a9350

ベース:レーヨン100%・平織り・朱赤

刺繍:ポリエステル・白

サイズ:縦 15mm(横幅は25mm+〜)

質感、如何でしょう。色味、文字の立体感、仕立ての美しさ。非常に綺麗に作っていただけました。

最初の「A」の文字の中の点が、刺繍が難しくて潰れてしまうかもと言われていたのですが、しっかり再現していただけました。

職人さんに、感謝です。

th_bw6a9345 th_bw6a9340

背景の生デニムとの色味のバランスも良いです。

これから洗濯による退色テストなどを行って見たいと思います。

尚、今回のオーダー枚数は500枚でした。これでも、個人利用ですからめっちゃ余ります(笑

以下、オーダーと見積もりの詳細です。

オーダー枚数:500枚(最低オーダー数。UNION GARMENTさんのオーダーに乗っからせて)
単価:120円
型代:12,000円
小口代(オーダー数が少ないので):9,000円
トータル:税込87,480円

もちろん、業者さんによって全然お値段が違います。このお値段を出しても作っていただけないところもあるでしょう。

最低オーダー数に関しては、これはUNION GARMENTさんのオーダーに乗っからせて頂いてこの数字だったのですが、おそらく通常でしたら1,000枚と言われたのかな、と予想します。

120円という単価ですが、きっとこれ、すごく高い方かと思います。

以前に、15円くらいか?いうUNION GARMENTさんからのお話があったほどですので。

私は業界の相場観がわかりませんし、私のオーダー数が少なかったので交渉の余地もないでしょうし、わがままを聞いて生産を頂きましたから、全く不満もありません。

逆に、今後もこの値段は高くなる可能性もあります。先日お話した通り、どんどん生産できる業者さんが減ってきているためです。

ですので、価格はあくまでも参考値として見ておいてください。

参考までに、リーバイスのヴィンテージのタグを拡大すると、こんな感じです。

levis-small

比べても遜色の無い出来だと思います。

今回、生産頂いた職人さんの技術に敬意を評すると共に、

知識のない私にピスネームの知識をゼロから教えて頂き、生産管理まで行って頂くなど多大なるご協力を頂きましたUNION GARMENTの吉田さんに感謝申し上げます。

以上、インディでした。

本日もご閲覧、ありがとうございます。

↓本日の内容の関連記事はこちら↓

オリジナルの赤タブ(ピスネーム)を作ってみよう:その③

2016-11-06

オリジナルの赤タブ(ピスネーム)を作ってみよう:その②

2016-11-05

オリジナルの赤タブ(ピスネーム)を作ってみよう:その①

2016-11-04

 

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。