【自作】レザーZIPポーチ(行き当たりばったり)

スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

不定期で色々と自作しています。

【自作】赤ちゃんモカシン(ファーストシューズ)

2016.11.01

今回はシンプルなポーチをレザーで作ってみました。小銭入れたり、カード入れたりの用途です。というか、ジッパーのパーツを革に縫い付ける練習がしたかったのです。

そんな動機だったので、見本やサンプルなしで行き当たりばったりで制作に入ります。

とりあえず、ざっくりのサイズのイメージだけ頭に入れて、レザーに線を引き、革包丁でレザーをカット。

シンプルな設計のものであれば、多少カットがずれても縫い合わせる前に修正可能なので、気が楽です。

th_img_6233

このあと、超集中モードに入ってしまい、制作工程、一切写真撮れてません(笑)

th_img_6235

散らかった作業机。

トコフィニッシュという薬品を使って、レザーの裏面を綺麗にする工程でパチリ。この薬品は革の側面=コバを磨くのにも使います。手がベトベト汚れるので、私はあまり好きな作業ではありません。

この後、レザーを縫い合わせるのですが、この手縫いの作業が好き。

そんなこんなで、色々あって。

th_img_6275

完成です。作業時間は約2時間。

鹿革+ビーズを結びつけると、見栄えに華が出ましたよ。

 

ちょっと前の動画でこんなのがありました。

エルメスの職人さんによる革の手縫い動画。

美しく、そしてカッコいいです。

本日もご一読、ありがとうございました。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。