【彫金】ゴローズみたいなフェザーペンダントを自作してみよ③

彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

本日は前回の 【彫金】ゴローズみたいなフェザーペンダントを自作してみよ② の続きで、

本日が最終回。

シルバーフェザーペンダントを彫金で制作

フェザーを作る工程⑥ タガネで羽根の模様を入れていく。

彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方

前回の工程で、ここまで羽根の形ができました。

今回のフェザーの制作工程の中で、

最も最もこだわれる点であり、妥協ができる点でもある、

「羽根の模様を入れる工程」に入っていきます。

羽根の模様は、タガネと呼ばれる棒を打ち込んで、線を刻んでいきます。

いわゆる、彫刻です。

表と裏の両方に入れる場合もあるし、表だけに入れる場合もあります。

細く、何本も細かく模様を入れる場合もあるし、太くデフォルメした形で入れる場合もあります。

この辺は作り手のサジ加減なので、正解はありませんから、自由です。

で、この彫刻。

本来はピッチボールと呼ばれる、松ヤニで対象物をがっちり固定する設備を使い、

模様を彫刻して行くのですが。。。

今回私が行った工房にはそれがありません(涙)

だから。。。

彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方

工房にある色んな物を使って、固定を試みる苦肉の策。

が、これでは全く固定が不十分。

トントン彫刻するたびに、羽根が動いちゃって、まともに打刻できない。

私の未熟な技術の問題もあり・・・

仕方ないので、今回は必要最低限のパートだけ彫刻することにしました。

彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方

タガネを優しく握り、その頭を細かく&何回もハンマーで叩き、奥から手前に向かって、模様を掘っていきます。

尚、このタガネ彫刻の技術は、東京の台東区のタガネ工房さんにて教えていただきました。

“彫り”を専門にした教室です。

この代表の川名先生が素晴らしい技術をお持ちで、彫刻が初めての私にも親身に、気さくに、そして丁寧に教えてくださいました。

数年前、たった1度の体験入学でしたが、コツを的確に教えていただけたので、その時の経験がまだ活きています。

タガネ工房さんの教室に通えれば、本物の技術が身につくことでしょう。

彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方

固定されてないので、数本のラインを打つだけでも集中力を要し、大変。

多少の歪みは仕方ないので、気にせず進めます。

彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方

細いタガネはハンマー使わず、彫刻刀の要領で手で掘り進めていきました。

彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方

表と裏、両方を彫り進めていきました。

あと少し・・・。本当は全部ハンマーで打刻したかったです。

フェザーを作る工程⑦ 叩いて立体にし、形を最終調整する。

表、裏ともにフェザーの模様を入れ終わりました。

今は平面に軸がついた状態ですが、最後はフェザーの丸みを出すために、全体を叩き、形を整えていきます。

そのために、一度火を入れて柔らかくします。

彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方

水につけて冷却させた後、半筒状の台座に置き、裏面に小さい棒を押し付け、ハンマーで少しずつ叩きながら、自然な丸みをつけていきます。

強く叩くとせっかく入れた模様が潰れガチになってしまうので、注意が必要です。

フェザーを作る工程⑧ 切り込みを入れた部分を曲げる。

彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方

前回切り込みを入れた部分を、ペンチで曲げて、ハンマーで形状を微調整させながら、更に立体感を出していきます。

硬くて難しい場合、この工程の前にもう一度火を入れます。

この時点で、ほぼ形は完成です。

フェザーを作る工程⑨ 磨いて、完成。

彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方

あとは仕上げの工程。

気になる部分をヤスリで微調整し、全体を紙やすりやリューターなどで磨く。

仕上がりの美しさを左右する重要な工程であり、かつ「磨けば磨くほど光る我が子を見つめる」一番楽しい瞬間・・・なのですが、

私はこの制作時に時間がなく、金タワシでザザーっとこすって終了としました。

完成:彫金でシルバーフェザーペンダント

彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方

身も蓋も無い話ですが、

ペンダントトップ・・・と言いながら、自宅には短めの革紐しか持ち合わせがなかった・・・。

ホワイトハートのビーズと組み合わせてそれっぽくアレンジしてみました。

彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方

時間があれば、もっと模様の彫刻と磨きの工程に時間をかけたいところ。

彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方

私が今までやってきた自作の中でも、制作工程自体はシンプルな部類になります。

それゆえに奥が深く・・・

かっこいいフェザーを作るには、経験と技術とセンスが必要だということが、自分で作ってみて良くわかりました。

彫金は、良い趣味だ。

彫金って、なんかハードル高いイメージありますけど、決してそうではありません。

アメカジが好きな皆さんには、趣味として是非オススメしたいですね。

だって・・・

・数ある趣味の中でも初期投資が比較的低予算で出来る

・ランニングコスト(材料費)が安い

・完成品を大切な家族や友人にプレゼント出来る

・出来れば、なんとなくカッコいい(人に自慢しやすい)

・やればやるほど、腕が上がる

・年齢、性別、関係ない(腕力いらんし、ジジババになっても、孫に作ってあげれるぜ!)

メリットがいっぱい。

私・・・もっと上達したいです!!

 

さて、シルバー関連のお話ですが、

オリジナルデニム企画のシルバー925製のトップボタンの改善版のお話。↓

シルバーのセンターボタンを、更に改善する。(オリジナルジーンズ企画)

こちらがようやく出来上がったという連絡を受け、近々工場に行ってきます。

1週間と言われて、結果、1ヶ月かかった・・・。

またご報告します。

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
彫金でシルバーフェザーペンダントの作り方

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。