【自作】彫金でシルバースプーンのペンダント その①

スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

今日は「自作ネタ」です。

やりたい事の一つであった彫金を、タイのバンコクで教えてもらっています。

場所はヨーロッパ帰りのタイ人アーティスト・Gimさんのバンコク郊外のアトリエ、One Piece – One Formです。

バンコクの彫金教室

彫金の初級者〜上級者まで、彼の豊富なジュエリー制作の知識をもとに丁寧に教えてくれます(英語とタイ語)。

Gimさん最近ではオーダーメイドの眼鏡作りにはまっている様子。

なかなか・・・エッジの効いたデザインばかりなので、興味があればGimさんのインスタを覗いてみてください。

 

で、今回は、ちびっこ(娘)にあげる、シルバースプーンをモチーフのペンダントトップを彫金で制作してみたいと思います。

シルバースプーンを模したペンダント=子供が生まれた時にギフトであげるものが多いのですが、既製品でも世に色々あるので、

それらをネットで調べてアイデアソースを頭に入れつつ、アトリエに着いてから自分の作品の構想を固めて制作スタートです。

シルバーのプレートからパーツを切り出す。

まず、シルバーのプレート(日本のコモキンさんで買っておいた)に、カットする形をペンで下書きし、糸鋸でラフに切り出します。

バンコクの彫金教室

シルバーは素材としては柔らかいので、糸鋸でカット出来ます。

多少カットしやすいように、バーナーで温めて”なます”こともあります。

th_img_5255

こんな感じ。ここから下書きの線より、ちょっと大きめに切り出します。

th_img_5256

カット面を鉄ヤスリで削ってスムーズにしていきます。大きめにカットしたシルバーを、この作業で下書きの線のサイズに調整もしていきます。

これで、円形のシルバープレートができました。

叩いて立体にしていく。

th_img_5258

サイコロ玉溝台と呼ばれるこちらの道具を使って、叩いて、平らなプレートを半球状に近づけていきます。

この道具は、よくシルバーコンチョの制作の過程で使われています。

th_img_5260

こんな感じ。これがスプーンのメインパーツになります。

 

別のパーツをロウ付けする。

th_img_5261

別のスプーンの柄のパーツを、バーナーと銀ロウという素材を使いながら”ロウ付け”します。

簡単に言えば溶接みたいな作業です。この作業がとても難しいのですが、練習すると上手くなる・・・はず。 私はまだ微妙に手が震えてしまい、苦戦します。

th_img_5263

こんな感じでスプーンっぽくなってきました。

さぁ、これをどのような形で作品にしていくのでしょう?

長くなりましたので、続きは次回に。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。