【自作】彫金でシルバースプーンのペンダント その②

スポンサードリンク

 

こんにちは、インディです。

前回の続きです。

【自作】彫金でシルバースプーンのペンダント その①

2016-11-13

装飾部のパーツをシルバーで切り出す。

ここから少々細かい作業になります。

小さなお花を、シルバーで作ります。尚、このあたりで手がつりそうになっているので、写真がブレブレに。

th_img_5264

フリーハンドの下書きに沿って糸鋸でカットします。多少ラフにカットしても、鉄ヤスリで調整し、”それっぽく” 形を仕上げます。

 

バンコクの彫金教室

前回同様にサイコロを使って叩き、球面を作り出して行きます。

th_img_5269

こんな感じになりました。

花びらの形はいびつですが、それも味・愛嬌です。この写真では見辛いですが、花のパーツにはザラザラした模様が付いています。これは、粗めの紙やすりとシルバープレートを一緒にプレスすることでこのパターンがプレートに移ります。

仕上げ。各パーツをロウ付けする。

これまでに、この4つのパーツができました。

th_img_5273

スプーンの柄の部分はペンチでグリッと曲げてます。

あとはこれをロウ付けして行きます。

th_img_5266

バーナーの火加減がいまひとつ理解できてません。何度か失敗しましたが…

 

th_img_5275

アトリエのGimさんが手助けしてくれて、なんとかこんな形になりました。

 

th_img_5276

銀は磨けば輝きます。

リューターと呼ばれる、小さなドリルのような道具に紙やすりを巻きつけ、一気に研磨して行きます。

完成!

正味、6時間くらいかかりました。

th_img_9605

「将来、食べ物に困りませんように」という思いを込めたスプーンと、女の子らしく花のモチーフを立体的に合わせてみました。

シルバーチェーンは既製品です。

th_img_9598

裏面はこんな感じ。

彫金ってハードル高そうに思えますが、今回のようにシンプルなものであれば素人でも形になるんだと思いました。銀は磨けば輝きますから・・・。

th_img_9587

娘につけさせてみたところ・・・特に反応ありません。。。まぁいいや。

大人の女性でもつけやすいデザインになったので、今は妻が所有しております。

彫金は楽しい。そして、道具さえ一度揃えてしまえば、意外に安上がりな趣味だと思います。

もっと自由に作品が作れるように、腕を磨きたいと思います。

 

今日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。