オリジナルの半袖デニムシャツの制作過程【ディテール考察⑧ シャンブレーの部分使い】

アイイロデニムワークス 半袖デニムシャツ
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

企画を進めている、オリジナルの半袖デニムシャツ。

汗かく夏場だし、自分自身が日々快適に着用したいなぁ、と。

そういう意図で、セカンドサンプルでは新たに6.5ozのデニム生地をセレクトした訳ですが。

アイイロデニムワークス 半袖デニムシャツ

オリジナルの半袖デニムシャツの制作過程【ディテール考察⑦ デニム生地】

2019-01-28

デニム生地も(いまのところ)1種類の採用に変更した訳ですし、

ではこの仕様の経年変化の楽しみつつ、さらに快適性を高めるためには何ができるか、という考察を詰めてみました。

デニムシャツのディテールを突き詰める

そもそものデニム生地の特性

デニム生地

デニム生地の特性に関してお話ししてみましょう。

世間一般的な布=生地は、「平織(ひらおり)」「綾織(あやおり)」「朱子織(しゅすおり)」という3つの織り方に分けられます。

このうち、デニム生地は「綾織」に属しています。綾織の生地の特徴として、丈夫で伸縮性がありますが、通気性は比較的ありません。

そのせいでしょうか。

明確な根拠はありませんが…、私の経験上、デニム生地が表と裏で2枚重なっている箇所は著しく通気性が悪く、蒸れる傾向があります。(例えば、ジーンズでいうと、腰のベルト帯の部分。1枚の生地が折り曲げられて縫製されている箇所って・・・夏場は蒸れて臭いませんか?)

そして、シャツのファーストサンプルの着用テストを繰り返した結果、8ozとはいえ、やっぱり蒸れで不快に感じるポイントがありまして。

夏場も快適に過ごせるシャツを考えた時に、「デニム生地が表裏で2枚重なっている箇所を極力減らす」、ということを考えてみました。

その一環が、ファーストサンプルの考察でもあった「ヨーク部分の縫製を見直してみる」ということでしたが、

denim-shirt

オリジナルの半袖デニムシャツ、制作過程をお見せします。ディテール考察①

2018-07-08

それを、セカンドサンプルにて更に深化させてみよう、という訳です。

セルヴィッチ・シャンブレーの部分採用

アイイロデニムワークス 半袖デニムシャツ

そこで考えたのが、通気性に優位性がある「平織生地」を部分採用するということでした。具体的には、シャンブレーになります。

これにより、夏場に感じるデニムシャツの不快さを軽減していこう、という試みです。

「だったら、初めからシャンブレーのシャツを着ればいいじゃない?」という野暮なご意見は無しで・・・

だって、どんなに暑い日でも、経年変化の楽しめるデニムを着たいんだから。

アイイロデニムワークス 半袖デニムシャツ

この正面からも、その仕様の採用箇所が見て取れるでしょうか。

アイイロデニムワークス 半袖デニムシャツ

まず、この首もと。

夏場、最も汗をかく部分。

そして構造上、何枚ものデニム生地が重なって縫製されている部分。そこに…

アイイロデニムワークス 半袖デニムシャツ

今回のセカンドサンプルでは、シャンブレー生地を採用してみました。

通常のデニムシャツなら、この首当て部分は当然、デニム生地の箇所。

しかも、このシャンブレー生地も、幾つもの生地サンプルの中から経年変化テストの結果、選び出した一品です。

いわゆるよくあるシャンブレーよりも、ライトオンスのデニム生地に近い色の濃さ。経年変化もしっかり楽しめます。

アイイロデニムワークス 半袖デニムシャツ

首元に、シャンブレー。

たったこれだけの工夫で…首元のあたりがカラッとし、快適な着心地になりました。

当然、製作工程はその分、複雑&非効率になりますけど…

見た目にも面白いですよね、ちらっと見える、この切り返し部分。

アイイロデニムワークス 半袖デニムシャツ

そして、ポケットのフラップ部分。

ポケットはその構造上、何枚も生地が重なる箇所。

そのうちの1枚をシャンブレーに変更することの意味は、特に汗をかきやすい胸元のパーツとしては決して小さくありません。

上記以外にも、このシャンブレーをセカンドサンプルでは採用した箇所があるんですよ。

それはまた、後日。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
アイイロデニムワークス 半袖デニムシャツ

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


2 件のコメント

  • またまたコメント失礼します。デニムシャツはディテールもヨークを入れたりある程度縛りを守らないと只のデニム生地の半袖シャツになるから難しいですよね。
    ベンチレーションとして脇下や背面に菊穴をあしらう事もイメージ外での不採用なんでしょうか?
    10オンスのデニムなんて薄くてペラッペラな印象ですが、シャツとなるとかなり厚みを感じるって不思議ですね。

    • >ヒデさん
      そうなのです。結局、最後はプロダクトとしてどこにバランスの焦点を置き、落とし所を合わせていくかという作業になってきます。
      考えれば考えるほどドツボにはまりますけど、面白いです。
      脇下の菊穴に関してはファーストサンプル時に検討してたのですが、不思議なことにこの「菊穴」をそういう目立たない箇所につけるだけで・・・一気に「ワークシャツ」テイストになってしまい、不採用としました。小さい1つのディテールでイメージが変わるというのも、また面白い経験でした。
      6.5ozのデニムなんて、逆に滅多に触れないですよね〜。
      自分でも、生地だけ手にすると「いやーうっすいなー。」って思うんですが、シャツにしてみたらまさに丁度良い、という(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Indy

    お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。