日本での滞在終了、非常に濃い1週間でした!

momo
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

写真は妻の実家のワンコさんです。

さて、日本に入っておよそ1週間。

本日バンコクに戻りますが、その道中でこれを書いています。

今回は本業の用事のための来日でしたが、その仕事の合間を使って時間の許す限り、行きたいところに行き、会いたい人にお会いして来ました。

大変充実した1週間でした。今回お付き合い頂いた皆様、感謝申し上げます。

今回の滞在中、日本のどこへ行き、何をしてたか、ざっとまとめて見ます。

アパレルナンバでデニムシャツの打ち合わせ@岡山・児島

児島ジーンズストリート

現在企画進行中の半袖デニムシャツプロジェクト。

このパターンやサンプルの打ち合わせのため、昨年のオリジナルデニム=Cherokee(チェロキー)の生産でもお世話になっている岡山・児島のアパレルナンバさんに行ってきました。

Cherokeeと同じように、固定概念に捉われないプロセスで新しいデニムシャツを作ってみよう、ということで
私なりにシャツを色々研究をし仕様書をまとめてはいたのですが、

いかんせんシャツというのはテーラードの知識も必要で、素人考えのアイデアがそう簡単に通じないのでは無いか、やりたいと思ったことの大半が出来ないのでは無いか。

知識と経験のない私にとってジーンズ以上に心配が大きく、ブログでもそのアイデアの掲載を躊躇していました。(こういう仕様で作りたいと考えた→やっぱり出来ませんでした、となると寒いかな…と。)

とはいえ、アパレルナンバさんはプロ中のプロ。

私がやりたいことを、ものの1時間ほどの打ち合わせで全て理解。希望通りのサンプル製作が実現できそうで楽しみです。

レザーブランド・RAG TIMEの工房にお邪魔する

rag time

「一目惚れ」ってありますよね。例えそれが美人でなくても、「なぜか気になる一目惚れ」っていうやつ。

そんな感情に近いもの。 以前からどうしても気になるレザーブランド・工房がありました。

それが香川県・高松市にある【RAG TIME】。

一人の職人さんSHINN氏が作り出すそのプロダクトの数々は、独特の上品さと、通常レザーにはない「無機質さ」を持っており、どうやって作っているのか、非常に興味をそそられていたのです。

いつかお会いしてその物作りの所作を拝見したいと思っていましたが、今回それを実現することが出来ました。 近日記事でまとめたいと思います。

関西屈指のヴィンテージショップ【JUKE BOX】

juke box

ジーンズを知るには、ヴィンテージをもっと知りたい・・・ということで、現在、リーバイスのヴィンテージのアーカイブのディテールをまとめた別ページの製作を予定しています。

それにあたり、関西でヴィンテージを3,000本所有する古着店【JUKE BOX】にご協力を依頼し、承諾をいただけたのでお邪魔して来ました。1870年代のリーバイスを含む、圧巻のコレクションの数々でしたが1日ではとても見きれず・・・。これに関しては近日記事でまとめます。

CONNERS SEWING FACTORYのリニューアルオープン

CONNERS SEWING FACTORY リニューアルオープン

CONNERS SEWING FACTORYがリニューアルオープンするということで、その1日前に足を運んで見ました。現在、人気が加速しており、このリニューアルを機にますます存在感が大きくなっていくことでしょう。場所が滋賀県・八日市ということで、なかなか旅情あふれる旅になりました。

限定数で「新2ndジャケット」の販売あり!デニム新時代を創るCONNERS SEWING FACTORYが拡張しリニューアルオープン。

2018.04.06

VISVIMの展覧会【My Archive】

my archive

兼ねてより行きたいと思っていた、VISVIMのアーカイブ展【My Archive】。

VISVIMの中村ヒロキ氏が世界中で集めた様々な「モノ」を展示してあるのですが、その独自の審美眼で選ばれた展示物の数々は、固定概念に捉われないVISVIMの物作りの源泉を知ることができます。どういう視点を持てば、あれらの物を集めようと思えるのだろう・・・見れて本当によかった。

VISVIMが好きな人だったら、ニヤニヤしてしまうような展示の数々です。近々記事にしてみます。

日本最大級の販売力をもつ横浜・DENIMIO

denimio

日本屈指の販売量を持つという横浜のアメカジ店「DENIMIO」。初回に限り15%も割引があると聞いたので、まとめてお買い物をするために行って来ました。

そのついでに色々お話をお伺いしたのですが、すごい品揃え、潤沢な在庫。特に、「鬼デニム」の品揃えは圧巻の一言でした。こちらに関しても後日、記事にまとめて見ます。

O.G. BROS 小川さん

小川さん

日本滞在、最後の夜はデイトナブロス“元”編集長の小川さんと自由が丘で飲み。

昨年も何度かお食事にお付き合い頂いたことがあったのですが、ネコパブリッシング(ブロスの発行元)を辞められ、フリーで活動を始められたからは初めてお会いしました。

独立後の屋号は【O.G.BROS】。 これまでの出版社という組織に属さないことで、やりたいことだけを突き詰めてやるスタンスに磨きがかかっており、聞けば面白いプロジェクトをいくつも進められていました。。。アメカジの世界は、こういう組織に属さない個の活動が増えることで、ますます面白くなっていく予感大!

また、とてもここで書けない業界裏話がとにかく面白かった・・・・。

【まとめ】

見返すと、ニシヘヒガシヘ・・・1週間でよくぞここまでというスケジュール。非常に充実した日程を過ごすことが出来ました。

今回の様々な打ち合わせを元に、色々と進む楽しいプロジェクトがありますので、お楽しみに。

なお、今回の日本滞在中に向けてプリペイドSIMカードを買っておいたのですが、業者さんの手違いで予定の日付に送付されないという事案が発生・・・。

その結果、電話も、ネットもできな状態のまま、ニシヘヒガシヘのツアーに突入。

移動の道中のほとんどでネットも電話も使えなず、何も出来ない自分の無力さに愕然としました。。。

最近はインスタもマメに更新中なので、宜しければフォローください↓ insta

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
momo

オリジナルジーンズ、Online Storeにて限定数量発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。