児島の観光には、レンタサイクル(自転車)が絶対おすすめ。

児島レンタサイクル・自転車
スポンサードリンク

こんにちは、インディです。

児島の観光といえば、「児島ジーンズストリート」が有名ですが、

児島ジーンズストリート

もう一つ、ベティスミスが運営するジーンズミュージアムもせっかくなので見たいところ。

しかし、この二つの区間は結構離れていて、足で量施設を踏歩するのは非常に大変

児島では駅前でタクシーは拾えますが、駅から離れた出先でタクシーを拾うのも困難なのです。

そこで先日、私がオリジナルジーンズのプロジェクトのために児島入りした際に、

試しにレンタサイクルを利用して見たところ、、、非常に便利でコストパフォーマンスも高かったので、

これから児島観光を予定されている方に向けて、

児島駅周辺に2箇所あるレンタサイクルができる場所をご紹介します。

児島のレンタサイクル・自電車貸出サービス

児島駅観光案内所

児島レンタサイクル・自転車

住所:児島駅構内

児島駅の改札を出て正面右側にある、観光案内所です。

マウンテンバイクタイプ、ママチャリタイプと揃っています。

自転車:300円(1日)

電動アシスト付自転車:500円(1日)

時間:9:00~16:30(12:00~13:00は貸し出し不可)

休日:12月29日~1月3日

貸出台数も12台と多いのが特徴です。

倉敷市児島産業振興センター

児島レンタサイクル・自転車

住所:倉敷市児島産業振興センター 倉敷市児島駅前1-37

貸出時間:9:00~17:00

休館日:毎週火曜日(ただし祝祭日の場合は翌日)

電動アシスト付自転車:500円(1日)

駅近くにある施設です。

貸出台数は少ないのですが、事前にHPから予約できるのが大きな特徴。

HPはこちらから → http://www.kip-center.jp/bicycle/

どっちで借りるのがいい?

遠方から児島観光に来られる場合、確実にレンタサイクルを借りるために、WEB上で事前予約が出来る「倉敷市児島産業振興センター」をお勧めします。

しかし、毎週火曜日がお休みなので、その点に関しては注意です。

商業振興センターは貸出台数が少ないので、ウェブ上で予約ができなかった場合は駅構内の観光案内所で直接借りましょう。

駅の方は年末年始以外は休みなく貸出が可能ですが、16:30までに返却する必要がある点に注意が必要ですよ。

レンタサイクルを借りる際の注意

どちらの場所で借りても、まずは同意書に必要事項を記載します。

紛失したら弁償よ、という内容です。

レンタサイクルを駐輪する際には、必ず鍵をかけ、盗難防止に努めましょう。

また、手続きには必ず身分証明書が必要になります。

免許証、パスポートなどが必要ですので事前に準備しておきましょう。

手荷物は駅のロッカーに預けてしまうのが吉。

児島レンタサイクル・自転車

児島駅改札を出て正面左側にはロッカーありますので、ここに不要な荷物は預けて、出来るだけ身軽に自転車旅を楽しみましょう。

大型のキャリーケース用のロッカーも充実しています。

余談

児島ジーンズストリート

今回、私が児島入りした際に、初めてレンタサイクルを使ったのですが、

実に10年ぶりに自転車に乗りました。

そして、電動アシスト付き自転車というものには初めて乗ったのです。

乗ってすぐ「やばい!電動自転車ってこんなに楽なんだ!技術の進歩ってすごいー!」

と一人で感動して、ウキウキでペダルを漕いでたのですが、

しばらく走行した後、電動アシストの電源が入っていないことに気がつきました

・・・人間って、とってもイイ加減な生き物ですね。

 

 

本日もご一読、ありがとうございました。

ぜひTwitterもフォローください。

 

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
児島レンタサイクル・自転車

Youtubeチャンネル、更新中!

 

アメカジ的ライフスタイルを楽しむための様々な情報を動画でお届けするチャンネルです。

チャンネル登録、宜しくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。