今年の夏のヘビロテはこれ。Jackmanの「Rib-T(リブTシャツ)」

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

私の好きなブランドの一つ、Jackman(ジャックマン)

見た目はシンプルながら研ぎ澄まされたアパレルとしての品質。

その物作りの哲学には芯がありつつ、遊びがある。

Jackman 恵比寿

国内自社工場で職人が作る【Jackman】のアパレルは品質・耐久性が抜群の超名作揃い。(ジャックマン/タナベメリヤス)

2018-09-16

私の昨冬のヘビロテは、そんなJackmanの【Waffle Midneck】でした。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck
Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

Jackman(ジャックマン)2018秋冬のイチ押しアイテム【Waffle Midneck】をレビュー

2018-10-14

本当に、良い一着でした。

これを着る日は、心が躍る。そんな服。

着てみないと、この良さを知ることは出来ないでしょう。

見た目のインパクトや“映え”重視の今のアパレルの世界とは、住む次元が違うブランド。

どのコレクションも、本当に素晴らしい。

そんなJackmanで、この夏、私が欲しいのがこの子。

「リブTシャツ(Rib T-Shirt)」

出典:Jackman(http://www.jackman-tm.jp/item/JM5632.html?color=44)

はめ込みV字ガセット、そして、首・裾・袖に針抜きのリブ。

Jackmanの得意とするディテールが、このシンプルなTシャツでフルに味わえます。

それでいて、このカラバリ。

出典:Jackman(http://www.jackman-tm.jp/item/JM5632.html?color=44)

それでいて、¥5,940という価格。

今年の夏のヘビロテの一着は、こいつに決めました(^^)

あとは何色いっとくか?という話で・・・迷うなぁ。

まだJackman体験されてない方。

まずはこの手頃な一着から、その世界を味わってみては如何でしょうか?

 

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。