今年の夏のヘビロテはこれ。Jackmanの「Rib-T(リブTシャツ)」

スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

私の好きなブランドの一つ、Jackman(ジャックマン)

見た目はシンプルながら研ぎ澄まされたアパレルとしての品質。

その物作りの哲学には芯がありつつ、遊びがある。

Jackman 恵比寿

国内自社工場で職人が作る【Jackman】のアパレルは品質・耐久性が抜群の超名作揃い。(ジャックマン/タナベメリヤス)

2018-09-16

私の昨冬のヘビロテは、そんなJackmanの【Waffle Midneck】でした。

Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck
Jackman(ジャックマン)Waffle Midneck

Jackman(ジャックマン)2018秋冬のイチ押しアイテム【Waffle Midneck】をレビュー

2018-10-14

本当に、良い一着でした。

これを着る日は、心が躍る。そんな服。

着てみないと、この良さを知ることは出来ないでしょう。

見た目のインパクトや“映え”重視の今のアパレルの世界とは、住む次元が違うブランド。

どのコレクションも、本当に素晴らしい。

そんなJackmanで、この夏、私が欲しいのがこの子。

「リブTシャツ(Rib T-Shirt)」

出典:Jackman(http://www.jackman-tm.jp/item/JM5632.html?color=44)

はめ込みV字ガセット、そして、首・裾・袖に針抜きのリブ。

Jackmanの得意とするディテールが、このシンプルなTシャツでフルに味わえます。

それでいて、このカラバリ。

出典:Jackman(http://www.jackman-tm.jp/item/JM5632.html?color=44)

それでいて、¥5,940という価格。

今年の夏のヘビロテの一着は、こいつに決めました(^^)

あとは何色いっとくか?という話で・・・迷うなぁ。

まだJackman体験されてない方。

まずはこの手頃な一着から、その世界を味わってみては如何でしょうか?

 

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

 

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

ジャパンデニムの魅力・アメカジの魅力にハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける40代、インディです。 このブログのおかげで、自分の長年の夢であった「最高のジーンズを作る」ことが実現できました。 今は、さらにモノづくりの魅力に変態的にのめりこんでしまい、 メーカーさんも企画しないような、マニアックなディテールのアイテムをマイペースにリリースしています。 このブログを通じて、日本の物づくりの素晴らしさ、そしてプロダクトのディテールの魅力を伝えていくと共に、 自分のオリジナルプロダクトを企画したいという同じような夢を持つ仲間たちに向けて、様々なノウハウをシェアしたいと思います。