Cherokeeが旅立ち、そして私はONE PIECE OF ROCKに出会った。

one piece of rock 00
スポンサードリンク

こんにちは、インディ(@aiirodenim)です。

明日、タイへ戻ります。

毎度そうなのですが、今回も仕事がらみの短い日本滞在期間となりました。

 

しかし、この一週間は実に色々な出来事がありまして。

 

全て、私の心に深く刻みこまれる、重要な出来事の数々。

私のこれからの活動の、一つのターニングポイントになると思います。

 

 

最も重要な出来事としてこの2年間、我が子を育てるように作り上げてきた【Cherokee】が皆様のお家へ旅立って行ったこと。

 

苦労の連続の中で、育てた我が子。

ブログを通じて多くの方に成長を見守ってもらった、我が子。

シルバーのボタンは私が自ら取り付け、梱包作業を行い、最後のお化粧をしてあげて送り出した、我が子。

商品を出荷・・・という気持ちとは到底違います。

そんな気持ちで後ろ姿を見届けた後、開封した喜びをお客様からメッセージで頂く度に、

本当に涙が出るほど嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

 

わざわざメッセージ頂いたみなさん、私からも言わせて下さい。

私の方こそ感動を頂き、ありがとう、と。

 

そして、もう一つ。

このブログで数々情報発信してきた中で過去イチ、べた褒めした「ONE PIECE OF ROCK」に関する記事。

ONE PIECE OF ROCKとCONNERS SEWING FACTORY

孤高のジーンズブランド【ONE PIECE OF ROCK】は新しい製造業の形。

2017-04-22

このONE PIECE OF ROCKの小中代表のファクトリーを、先週見学させてもらったのです。

one piece of rock 01

滋賀県八日市にあるファクトリーは、比較的私の実家から近い(と言っても車で2時間くらい)ので、今回の滞在に合わせてお邪魔したのですが・・・

 

これが・・・実に強烈な体験でした。

ちょっと頭のネジが何本もぶっ飛んだ。

 

この滋賀県八日市が、日本だけでなく世界の「ジーンズ」の象徴的なエリアになる日はそう遠く無いと本気で思う。

 

そこには、

私が思い描く理想の「物作りのエンターテインメント」の姿がありました。

 

この様子は後日記事でアップしますので、楽しみにして下さい。

今や少なくない読者様に訪問いただけるこのメディアの管理者として、これは時間をかけて、気合いを入れて執筆します。

広告や業界のしがらみの無いこのブログだからこそ、伝えられる内容になるでしょう。

 

まだまだいろんな出来事がありましたが、

これらもゆっくり、記事にしていきますね。

 

とりあえず、体力使った一週間だったぜぃ。

 

このブログを気に入って頂けた皆様に、SNSのフォローをお願いしています。
FacebookB! Hatebu Twitter Feedly Instagram Contact

本日もご一読、ありがとうございました。

関連コンテンツもどうぞ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
one piece of rock 00

オリジナルジーンズ、Online Storeにて発売中

経年変化にこだわった最高のジーンズを目指して。

デニム生地、縫製、パーツ、全てにおいて実験を繰り返し、細部のクオリティにこだわり抜き、歳月をかけて作り上げたオリジナルジーンズ:Cherokee(チェロキー)を、AiiRO DENIM WORKSのOnline Storeにて販売中です。

日本の職人により縫製されたこの最高の一本を履きこみ、あなただけの経年変化で「完成」させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Indy

お仕事の関係で海外在歴10年。ジャパンデニムにハマって20年。 ジーンズへの好奇心が日々増大し続ける30代後半、インディです。 普段は妻とともに、海外での子育てに奮闘中。大変だけど楽しい毎日です。 自分で「最高に素敵な」ジーンズを作る夢の企画に奮闘中。 同じような夢を持つ仲間たちに、ジーンズ作りの苦労と感動をシェアしたいと思います。